« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月21日 (木)

マセラッティーのクラッチ残量

フェラーリ製M系エンジンを載せたマセラッティーですが、セミATであるカンビオンコルサや、ヂュオセレクト。クラッチの残量が気になりますよね。早い車では、2万KMで駄目になってしまったお車もあります。

私たちの交換時期の判断は、目視です。これが一番。次にテスターでの残量計算です。
よく、クラッチ残量が○○%あります。というのはこの事です。
Masewear01
 
 
 
残量と言っても、ディスクの厚さを測って表示するのではなく、クラッチがストロークした時の動きの幅から計算されて、それをパーセンテージで表示しています。
クラッチが切れるということは、レリーズベアリングがストロークすることです。そのレリーズベアリングはマセラティーの場合、ベアリング一体のレリーズシリンダーにかかる油圧によって押されます。
レリーズベアリングの下に付いているクラッチセンサーが固定された磁石との距離間によってストロークを読み、クラッチの使用量を計算で出しています。
 
 
Masewear03
 
 
一番下のclutch wearがそうです。これが使用率となり、残量計算の数値です。
テスターを繋いだこのお車は100%の使用率ということです。でも動きます。実際には120パーセントまであるという話ですが私はまだ見た事はありません。動くからといって大丈夫という事ではなく、やはりシフト時の滑りも出てきていますし、シフトダウン時のショックも大きかったです。やはり使用率としては限界です。
同じ100%を示したお車でも、ばらしてみて意外と残量あるなというお車もあります。
先程書いたようにストロークセンサーの動きで判断しているので、センサー自体がおかしかったり、磁石の磁力が弱かったりすると正確な数値が出ません。ただ、残量あっても正確な数値が出ないとやはりストロークがおかしくなり切れなくもなります。
テスターでも数値は残量に関しては目安ですが、数字としては危険度として考えると合っているので交換の目安にはなります。
 
マセラッティーだけでなく360モデナ以降のフェラーリのF1マチックの残量も測れます。
クラッチに不安のある方はご相談ください。

| | コメント (1)

2014年8月 5日 (火)

夏季休暇のお知らせ

ご迷惑をおかけしますが、8月13日から16日まで夏季休暇とさせて頂きます。17日の日曜日は振り替えで営業します。

この期間、ディーラーさんや部品屋さんもお休みの為、部品の入荷がありません。前後に入庫希望の方は、早めにご連絡ください。

| | コメント (0)

2014年8月 4日 (月)

エアコン

エアコンってなぜ冷えるか解りますか?

基本フロンガスを圧縮して高圧化してそれをバルブによって凝縮噴射される為、気化して冷えるという感じです。
車の場合エンジンの駆動ベルトによって回されているコンプレッサー(電磁クラッチによってON、OFFされます)でフロンガスを圧縮しています。圧縮すると熱が発生して温度が上がります。そこでコンデンサーについているラジエターファンで冷やします。冷やすことによって充填効率が良くなります。圧は大体15キロから18キロ位がベストです。充填効率が悪いとエアコンは効きません。それをリキットタンクというフィルターで水分を取り除き、エキスパンションバルブというバルブ噴射口を使ってエバポレーター内に噴射して、気化されたフロンガスによってエバポレーターを冷やします。ただ、冷やしすぎると凍ります。そこで先程のエキスパンションバルブで通路を調整して凍る寸前に調整します。
後は、室内にあるブロアーファンでエバポレーターの配管の冷気を送風して室内が冷えるという仕組みです。
充填効率を良くするにはコンプレッサーを大型にする、コンデンサーを大型にする、コンデンサーファンを大型にする。これらが考えられますが、車の場合スペースの関係上無理ですね。
まして私たちユーザの立場では金銭的にもかなりかかります。
そこでエアコンコンプレッサーに添加剤を入れてみてはどうかということです。コンプレッサーは、オイルで潤滑しています。ただ、先程述べたように高圧ガスによって自動車のエンジンのようなオイル経路はありません。あえて言うならば2ストロークエンジンやロータリーエンジンの混合ガソリンのようなものです。フロンガスと一緒に循環しなくてはいけなく(ガスに溶け込まなくてはいけません)、また詰まったりしてもいけません。ガスの種類によって溶け込むオイルと溶け込まないオイルがあったりもします。そこが各メーカーの特徴でもあります。
コンプレッサーのオイルがフリクションの少ないオイルになればレスポンスが向上し効率良く冷やせますし燃費も良くなります。
当方では今、ワコーズとウルトのコンプレッサーオイル添加剤を使っています。
ワコーズは8月中、レックスとセットでキャンペーン中です。ぜひご利用ください。
 
 
Wakos_prc  
 
 
補足ですが、エアコンガスが抜けるということはオイルも一緒に抜けています。ガスだけの補充ではコンプレッサーが焼きつく可能性があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

アジアンタイヤ

アジアンタイヤ。

いわゆる日本以外でのアジア諸国で造っているタイヤのことを言います。
が、近年、世界的にコストの関係上殆どのメーカーが自国で造っていません。
そう、中国や、台湾、インド、ベトナム。日本のメーカーだってそうです。
だったら、値段の安いメーカーで良いのではないかと言う事です。
勿論、サーキット等での過酷な走りをするなら話は別です。街乗り中心でしたら、アジアンタイヤでも問題ないと思います。勿論実績のあるメーカーでなくてはいけませんが。
さすがに中国製のメーカー品はちょっとという感じですけど。
当方でも阿部商会さんが輸入しているGTラジアルやマキシスを取り扱っています。
という事で、ジュリエッタに履かせてテストしています。←嘘。単にお金がなかったから、、、。
 
 
 Tire01_2
 
 
ま~、特に負もなく可もなくという感じですね。基本性能は普通です。
値段は定価は普通ですが、割り引き率が良いので安く出せます。正直イタリアとフランスのタイヤメーカーさんも中国で作っています。そこで出来たエコタイヤよりは見た目は良いです。
ヒビの入ったタイヤは危険です。山があるんでもったいないなんて考えている方は一度試してみてはどうでしょうか?
 
 
Tire02

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »