« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月19日 (水)

ガソリン漏れその2

Delgas01

 
 
 
久しぶりにランチアデルタのガソリンタンク降ろしました。
 
92年のデルタです。
デルタの入庫が多いときはしょっちゅう降ろしていました。
 
 
Delgas02
 
 
 
タンクのエアー抜きのホースの取り付け口のネジが割れています。満タン時ガソリン漏れます。
 
 
 
Delgas03
 
 
 
 
こんな部品に交換します。東京のデルタのぞっこんのショップさんが作った物です。以前はネジだけを真鍮に交換していましたがホースの取り付け口まで作ってしまったみたいです。
 
 
Delgas04
 
 
 
 
3箇所交換しました。
昨日の記事のようになるとやはり日本人は対策品をつくります。このタイプのデルタ用は、このショップさんで吸出し口までつくってしまっています。本当に助かります。

| | コメント (0)

2014年11月18日 (火)

ガソリン漏れ

156gas01

 
 
 
アルファロメオの156のガソリン漏れです。
 
話になりませんね!多すぎです。
 
 
156gas02
 
 
リアシートの下にタンクがあってそこに燃料の吐出口がありそこがクラック入ります。
ポンプASSYの交換となってしまいます。
156,147、GT,159、他FIATも、、、、。
経年劣化といえ何とかならないんでしょうかね?タバコ吸ったら火つきますよね。事例が無いのが不思議です。
 
ガソリン臭かったらご注意を。自然治癒しませんので。

| | コメント (0)

2014年11月12日 (水)

私物放出

倉庫の整理もあって、私物を放出します。

 
 
Shibutsu01
 
 
 
Shibutsu02
 
 
147の純正ホイールとスタッドレスタイヤのセットです。16インチです。205/55/16です。
 
タイヤは2009年製ですが、都市とかでの降雪でしたら、まだまだ十分使えると思います。
価格は5万円です。
 
 
 
Shibutsu03
 
 
Shibutsu04
 
 
147用キャリアです。アルファロメオ純正品で鍵もあります。一応3ドアについていました。フィッティングみると4ドアでも大丈夫な気がします。片側パッドがありませんが、スキーやサーフボードのフィッティングを付ければ問題ありません。
 
価格は1万円です。
 
 
 
Shibutsu05
 
 
 
Shibutsu06
 
 
こちらもアルファ147用です。プロドライブのアルミホイールです。7.5Jの17インチです。ディレッアの215/45/17のタイヤ付です。ホイールは多少の傷があります。タイヤは6部山ですが街乗りでは問題なく使えます。
 
価格は6万円です。
 
 
全て、取りに来て頂いた方のみの販売となります。

| | コメント (1)

2014年11月11日 (火)

ツインリンクモテギ

今月30日にツインリンクモテギにて、プジョー屋さんが走行会やります。

面白いサーキットなんで参加しませんか?
 
 

| | コメント (0)

重整備その3

とりあえず重整備シーリーズを、まだ引っ張ります。

 
 
フランス車もやっています。
 
 
Picaso01
 
 
シトロエンのC4ピカソです。クラッチ交換です。
 
シンソ何とかと言う、セミATです。
 
 
Picaso02
 
 
そう、マニュアルミッションと同じクラッチがついています。
 
 
Picaso03
 
 
外した、ミッションですがマニュアルミッションに手前側のユニットを付けてセミATとなっています。
 
 
 
Picaso04
 
 
外したクラッチですが、使い切りました。ジャダが出ていたのでちょうど良いタイミングだったみたいです。
ピカソは、ミニバンなんで、重量が多少あり、5万KM位で交換することをお勧めします。レリーズベアリングも弱く破損する恐れがあります。その位の距離でジャダが多く出ている車両が多いです。
テスターで新品部品を学習させて納車となりました。

| | コメント (0)

2014年11月10日 (月)

重整備2

その2です。

いつものフェラーリBBです。オーナーさんが変わったのですが、引き続きのメンテです。
 
 
Bb01_2
 
 
タイベル交換とオイル漏れの修理です。エンジンとミッションが2階建てです。
思いので、エンジンクレーン(像さんの鼻みたいな移動式のクレーン)ではなく、チェーンブロックで降ろしました。ちなみに、エンジンフードも車半台分取るので置き場に困ります。
 
 
Bb02
 
 
水平対向エンジンです。
 
 
Bb03
 
 
タイミングベルトとウォーターポンプの交換とオイル漏れの修理とバルタイの点検調整です。
 
 
直列6気筒が対向して2つ並んだ感じなんでベルトも2個あります。オイルポンプは1個ですが、オイルエレメントは2個付いています。(写真ではエンジン脱着のため1個外してあります)
 
 
Bb04
 
 
2バルブTwinCamです。
インマニの手前に見える燃料のデリバリーパイプとインジェクターはノンオリジナルで、MOTECで制御しています。
写真取らなすぎなんで載せた写真なんかはありませんでした。
 
 
30年前のお車ですが普通に乗れます。元気に走ってくれています。
 

| | コメント (0)

2014年11月 9日 (日)

重整備

今年前半、消費税アップもあり忙しかったです。また、重整備も多くなかなか仕事がはかどらなかったこともありました。(現在はかなりよゆうありますよ)

その中の何点かご紹介します。
 
 
 
Tesis01
 
 
 
ランチアテーシスです。ディーゼルエンジンの5気筒です。
水漏れの修理で降ろしました。5気筒と言う事もあり、横幅がきつく降ろすことになってしまいました。
 
 
Tesis02
 
 
タイベルでインジェクションポンプも回しています。
エンジンも多少バラしましたが、Twincamですし、ローラーロッカーアームです。昔の感覚ではディーゼルエンジンとは思えないメカニズムです。
 
バルブも4バルブでステム(バルブのシャフトのことです)も細く6mmでした。ステムが細いと吸入ポートや、エキゾーストポートに邪魔するシャフトが細いと言う事で抵抗が少なくなります。後、細いということは重量も軽くフリクションも少なく済み高回転に適しています。ただ、このエンジンに限っては逆の考え方で、ディーゼルエンジンということもあって、高回転は回さないので強度的にも余裕があり細くした物だと思います。
 
ブログ書いてて気が付きましたが、ディーゼルエンジンバラしたの整備校以来でした。というか仕事で分解したのは初でした。機械的な事はガソリンと同じなんで大丈夫ですけど。
これから増えてくるディーゼルエンジンですが色々まだまだ、勉強しなくてはいけないことも多く頑張らなくてはいけないなと思う修理でした。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »