« 初乗り | トップページ | 海外製の日本電装 »

2015年2月 6日 (金)

う~ん?

4c06

 
 
実は、前回のブログで楽しいと書きましたが、一つ疑問を解決出来ない事があったというか、やっぱりと言うかそういうことがありました。あえてそれが何かと言う事は書きません。個体差なのか、それとも新品のタイヤのせいか判らないし、ゆっくり走っただけなんで、もっと走り込んでから判断した方がよさそうなんで。
 
 
4ccatarog
 
 
 
4Cのカタログを見たときにちょっと残念だったのがリアの足回りアーム長は長く取られていて良いのですが、ストラットなんですよね。ストラットが悪いとは言いません。昔、ランチアストラトスが世界一のハンドリングと言われていました(あれ、DINOだっけ?)。確かに、リアはストラットだったんでそれ自体を否定はしません。
ただ、私の中でスポーツカーの足回りはダブルウッシュボーンと言う拘りがあったので、疑問が大きくなったのかもしれません。
それを、実証してくれたのが、なんとポルシェ。昨日発表されたケイマンGT4.。ノーマルやSバージョンではリアサスはストラットなのに、GT4ではダブルウッシュボーンに造り替えてきました。
 
 
 
4c05
 
 
 
とりあえず、乗り心地重視なのかどうなのかはこれから検証していきたいと思います。ただ、私の思っていることはサーキットユースでの話で街乗りやワインディングでは問題ないレベルではあると思います。
 
 
 
素材としての可能性は、凄く大きい、しかも軽さと言う武器もある4C。これからどんな風にアレンジしていくか楽しみです。というか、そのまえに、車買えよって話しかもしれません。中古狙うとしていつになるのかな???

|

« 初乗り | トップページ | 海外製の日本電装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初乗り | トップページ | 海外製の日本電装 »