« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

ちょっと長いカングー

Kangoo03

 
 
 
いきなりぼけた写真ですいません。
メーターの言語変更で入庫した新車のカングーです。
 
 
 
Kabgoo02
 
 
 
ちょっと長いです。
 
 
 
Kangoo01
 
 
 
7人乗りです。
 
 
エンジンは1500のディーゼルTurboです。
 
 
左ハンドルのマニュアルミッションです。
 
7人乗りという事もありますが、使い方としては3列目のシートが外れるので、カングー乗りの肩で荷室が狭いと思った方、仕事で使っている方、便利ですよ。
 
 
CARBOX さんで売っています。HPには載ってませんけど、、、。
 
 
このお車買った方は私のドライビングの先生(勝手にこっちが思っているだけですけど)の弟さんみたいです。会った事はありませんが。
 
 
ルノーの1500ノディーゼルTurbo、トルクもあって載りやすいですし、何しろ静か!!
ガソリン車は、ちょっとエンジンが古い設計ですがディーゼルは最新です。
こういう個性のあるお車良いと思いませんか?

| | コメント (0)

2015年6月29日 (月)

2015年サマーキャンペーン

天候不順で、梅雨が長引きそうですが、もうすぐ夏ですね。

好評のRECS(カーボンクリーン)とエアコンコンプレッサーオイルの添加剤(ワコーズ)のセットのキャンペーンを今年もやります。
 
 
Wakos_pac  
 
 
こちらの商品になりますが、施行工賃、税込みで10000円です。
 
 
当ブログを見てくださっている方は、効果は説明しなくても判ると思います。
 
 
Wakos_prc
 
 
 
対象はイタリア車フランス車のガソリン車で、エアコンガスがR134aのお車です。
 
 
そしてもう一つ。
ECOキャンペーン。エンジンオイル添加剤、燃料洗浄剤、冷却水復活剤のセット。通常5400円の所を4320円。こちらはガソリン車、ディーゼル車兼用です。
要素と効果は後日報告します。
 
 
Summer15cam01  
 
施行は予約制とさせて頂きます。
問い合わせは、  こちら からお願いします。メール(アドレスのここ削除は削除して送信してください。)のみの対応とさせて頂きます。
7月1日から9月23日までです。

| | コメント (0)

2015年6月26日 (金)

ジュリア

とりあえず、皆さんアップしているので、私も一応。

Guria01

確かにBMWの3シリーズに見える!! 
 
 
Guria04
 
この角度 だと余計に。
 
 
Guria05
 
アウディーにも見えてきた!! 
 
 
Guria02
 
クアドリマークは良いんだけど、、、、。
 
エアーアウトレット、、、、、、。本物??? 
 
 
 
Guria03
 
 
マニュアルのシフトレバーに見えるけど??その後ろに多分ディスプレイ用のだいやるが、、、、!!BMWのまねですか?
 
 
 
Guria06
 
男気感じます。ホイールも軽そうだしGOODなデザイン!!!
2ピースローター!! 
 
 
 
Guria08
 
 
 
オーナーメント変えたのね。部品での取り寄せとか増えそう!!
 
 
その2へ続く予定
 
 
 

| | コメント (0)

2015年6月18日 (木)

バッテリー端子腐食

最近の車は、バッテリーが見えなかったり端子がカバーされていたりして中々、気が付かないでしょうが、こんなこともあります。

 
 
Bate01
 
 
見事に腐食していますね。写真では白っぽく見えますが青白い粉が飛んでいます。
バッテリーの電解液が蒸発して端子が腐食してこうなります。バッテリーの寿命近くなると密封式のバッテリーでもこうなります。
磨いて粉を落として再使用するのも手ですが被膜が取れた端子はすぐまた腐食します。 
 
 
アルファロメオの156ですが、部品として端子自体もありますがヒューズホルダーごととなり1万円もします。
 
 
 
Bate02
 
 
純正OEM品ですが、本当の端子だけで部品を用意できます。3240円です。
せっかくバッテリーを新品にしても端子が腐食してしまってはバッテリー上がりの原因になります。
 
 
バッテリー関係でもう一つ。
 
最近アイドリングストップ機能の付いたお車が増えてきました。エアコンを使うこの時期バッテリーの負担は大きいです。
交換時にはバッテリーをケチらずAGMバッテリー指定のお車は指定品をつけましょう。
普通美バッテリーでも最初は問題ありませんがアイドリングストップが効かなくなったり、自動的にラジオを切ったりするようになってしまいます。
 
 
レアアースの問題が解決しつつあるこの頃、携帯電話の電池やマグライトなんかはどんどん高性能になってきました。電気自動車も電池の進化によって航続距離が伸びてきました。
そのうち、原動機を持った車用のバッテリーもリチウムイオンのドライバッテリーが積まれる日も遠くは二ことでしょう。

| | コメント (1)

2015年6月17日 (水)

アース不良修理

車検でお預かりした、156なんですが、ライト廻りを点検していたら、なんかおかしい。

 
 
 
156earth01
 
 
 
判り辛いですが、スモール点灯で、となりのウインカーもうすく点いています。スモール自体も暗く、これでは車検に受かりません。 
 
 
 
156earth02
 
 
 
 
配線カプラーをを外してみると焦げていました。でもこれアースの配線の場所なんです。
 
いわゆるアース不良です。アースの接触不良というのが正しいですね。 
 
 
 
156earth03_2
 
 
今回はちょっと荒っぽく見えますが、アースの基盤に直接線をつなぎ、カプラーを通さず直接ボデーにつなぎ、アースに落としました。 
 
本当でしたらカプラーを交換し、受け側のレンズ自体も交換するのが本質かもしれませんが、この方法が一番確実でコストもかかりません。
 
 
 
156earth04
 
 
電気がきっちり流れると同じ感じで写真を撮っても差がわかりますよね。
 
 
色々な治し方がありますがこういう方法もあるという一例でした。

| | コメント (0)

2015年6月11日 (木)

F355ラジエター交換

F355raji01_2

 
 
 
フェラーリのF355のラジエターです。水漏れしていますね。アルファロメオやルノーなんかと作りはおんなじなんで同じようにコアとプスチックのタンクの加締めから漏れています。
 
いきなり交換後取り付け後の写真です。 
 
 
F355raji03
 
 
F355raji02
 
 
 
 
 355はミッドシップにエンジンがあります。その横に左右ラジエターがついています。いわゆるサイドラジエターってやつですね。
上の写真の左ラジエターの前にエアコンのコンデンサーがついています。
下側の写真は右ラジエターなんですけど、写っているのはオイルクーラーです。その前についています。
 
 2個とはいえサイドラジエターなんでラジエターファンの役目は重要です。 
 
 
F355raji04
 
 
 
 
今回は、ラジエター専門業者さんが作った真鍮製の製品に交換しました。多少コアが厚くなり熱量の軽減にもなりますし、コアとタンクのつなぎ目は加締めではなく溶接なので耐久性もあり、もし万が一トラブルが起きても修理できます。
 
 
こういうお車だからこそ、厳選した部品を使わせていただきました。

| | コメント (1)

2015年6月10日 (水)

リアミッション

Masetm02

 
 
 
ちょっと見辛いですけど、下からみたクラッチの状態です。
マセラッティー クアトロポルテの05年車です。ツインプレートなんで、プレッシャープレートの前にフライホイールとは別にもう一つのプレートがついています。今回はクラッチディスクも荒れていてプレートも錆と熱で表面硬化しているみたいです。ディスクがつながる時に異音が出ます。
 
 
と言う事でクラッチの交換です。
 
 
マフラーやらサイドブレーキなどを外した後、ミッションを降ろします。
 
 
 
Masetm01
 
 
 トランスアスクルなんで後ろにミッションがあります。エンジンからトルクチューブを使って後ろにあるミッションまで動力を伝えます。
 
 
デフ一体式の縦置きミッションです。物凄くごつく出来ていています。
トルコンATモデルはエンジンのすぐ後ろについています。カンビオンコルサとかF1マチックと呼ばれているこのモデルは後ろにミッションがある為、重量配分が後ろのほうが重いです。実はエンジンもフロントミッドシップと言われる位置にあり車軸より内側にあるのでバランスよく作られています。400馬力位あるしごつく作らなくてはいけないのですがやっぱり重量があありすぎです。しかもでかいし。
4ドアサルーンなんでそういうものなのかも知れませんがそんな車でも重量配分にこだわって作られています。
 
 
色々いわれているセミATですが、高速なんかを走っている時は本当に気持ちよく走れます。リア荷重が大きいのでトラクションもよくかかります。後ろから押されている感じも出ています。
トランスアスクル、整備は手間がかかりますが、楽しい車です。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »