« アース不良修理 | トップページ | ジュリア »

2015年6月18日 (木)

バッテリー端子腐食

最近の車は、バッテリーが見えなかったり端子がカバーされていたりして中々、気が付かないでしょうが、こんなこともあります。

 
 
Bate01
 
 
見事に腐食していますね。写真では白っぽく見えますが青白い粉が飛んでいます。
バッテリーの電解液が蒸発して端子が腐食してこうなります。バッテリーの寿命近くなると密封式のバッテリーでもこうなります。
磨いて粉を落として再使用するのも手ですが被膜が取れた端子はすぐまた腐食します。 
 
 
アルファロメオの156ですが、部品として端子自体もありますがヒューズホルダーごととなり1万円もします。
 
 
 
Bate02
 
 
純正OEM品ですが、本当の端子だけで部品を用意できます。3240円です。
せっかくバッテリーを新品にしても端子が腐食してしまってはバッテリー上がりの原因になります。
 
 
バッテリー関係でもう一つ。
 
最近アイドリングストップ機能の付いたお車が増えてきました。エアコンを使うこの時期バッテリーの負担は大きいです。
交換時にはバッテリーをケチらずAGMバッテリー指定のお車は指定品をつけましょう。
普通美バッテリーでも最初は問題ありませんがアイドリングストップが効かなくなったり、自動的にラジオを切ったりするようになってしまいます。
 
 
レアアースの問題が解決しつつあるこの頃、携帯電話の電池やマグライトなんかはどんどん高性能になってきました。電気自動車も電池の進化によって航続距離が伸びてきました。
そのうち、原動機を持った車用のバッテリーもリチウムイオンのドライバッテリーが積まれる日も遠くは二ことでしょう。

|

« アース不良修理 | トップページ | ジュリア »

コメント

いきなり書き込みすみません。

アルファ159に乗っているのですがこの記事と同じ状態になってしまいました。

そこで端子部分を探していますが見つかりません。

御社から購入する事は可能でしょうか?
画像を見る限り159にも代用できると思いますので是非お願いします!

投稿: しゅう | 2016年9月25日 (日) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アース不良修理 | トップページ | ジュリア »