« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月21日 (火)

エアコンリフレッシュマシーン導入

FACE BOOKの方では、ご紹介していましたが、エアコンのライン洗浄システムを導入しました。

 
 
Aircom05_2
 
 
 
早速施行のお客様   
 
 
 
Aircon01
 
 
 
車種ごとのデーターが入っています。
 
 
 
Aircon02
 
 
 
ガスを回修して、水分や異物を濾過します。その時に、ガスに混じっているコンプレッサーオイルも回収します。こちら右のボトルは再使用せず左のボトルに入っている新油を使います。当店はいままで、コンプレッサーオイルに結構気を使っていたので、多少に金属片が見られる物の特に大きな損傷部品は無かったみたいで綺麗ですね。メンテをしていないお車では、真っ黒いオイルが回収されるみたいです。
 
 
 
 Aircon03
 
 
 
データーの入っているお車なので全自動です。オイルも補充してくれます。ガスも濾過された物を規定量勝手に入れてくれます。
 
 
 
 
Aircon04
 
 
 
このように最初に入っていたガスの量と回収したオイルの量。そして規定量のエアコンガス量と回収した分のオイルプラス10グラムのオイルを充填して終わりです。
 
 
 
施行代は12,960円です。FACE BOOKでいいねしてくれた方は10800円です。
申し込みはメールにて受付します。
エアコンの効きも良くなりますし、コンプレッサー等の負担も少なくなります。施行時間は1時間位です。
この施行に関しては、イタリア車とフランス車だけでなくヨーロッパ車全般の施行を行います。ただし、ガスが規定量入っていない場合、差額を頂きます。100グラム1000円です。
 
ガスはR134aのみの対応となっています。R12は施行できません。フェラーリのF355等、エアコンのサービスバルブが内装等を外さなくてはアクセスできないお車は別途、取り外し料金が発生します。
夏のエアコンに負担がかかる時期になりました。
是非、お試しを!!!

| | コメント (0)

2015年7月14日 (火)

日常業務

トラブルシュートや修理の多い当工場ですが、普通に車検整備もやっています。

 
ちょっと古めのお車の入庫も多く、経験値が、必要な場合もあります。
ちょっと前に、ランチアテーマの車検をやったので、ご紹介しましょう。
 
 
 Shaken03  
 
 
 
くだらない事ですが、ボンネットのつっかえ棒。純正だけだと、真ん中あたりで支持の為、長時間止めておくとボンネットが曲がります。
Shaken05
 
 
 
Shaken07
 
 
 
 
ブレーキオイルノ交換ですが、当方は圧入式の交換器を使っています。ABS対応のブレーキオイルを使って交換しています。
 
 
Shaken04
 
 
この車の場合、リアのブレーキのPバルブがジャッキアップすると効いてしまう為1G状態で交換します。
 
 
ステアリングタイロッドにガタがありました。最後の2個の部品を使って交換します。
 
 
Shaken01
 
 
 
左側のロッドの左側左右方向に大きなガタがあります。又、ブーツも切れていました。他の車もそうですが、水が入って錆が発生しガタの原因になることも多くブーツも大事な点検項目です、。
 
 
Shaken02
 
 
タイロッドの外れたステアリングラックです。特殊工具でタイロッドは外します。 
 
 
 
他にも色々ありますが、今回は油脂類の交換とステアリング廻りの交換、前後トーの調整でアライメントを調整しました。
検査を通るだけの整備だけではなく、色々みて今後も不安無く乗れるような整備を心がけています。
キャンペーンやっています。
 

| | コメント (0)

2015年7月10日 (金)

縁の無い車ですが

Bentry01

 
 
すばらしい内装のお車です。ベントレーのコンチネンタルRです。私には縁の無い車だと思っていましたが、内装脱着の仕事をしました。
過去にもTurboRのインパネを外してヒーターコアの修理をした事がありました。
 
リア廻り内装とと天井を外して、ハイマウントストップランプの交換をしました。あまり、後先のの事を考えずに作られた車で大変修理には苦労します。特にウッドパネルや、皮の内装。気を使います。
 
 
Bentry02
 
 
 
でも、意外と知恵比べみたいなもんで、順を追って考えていくと外れます。
ネジが見えるところにありません。隠しねじです。ベントレーは昔っからそう言う造りをしている車です。
 
 
 
今回、断れない仕事だったんで、流れ的に仕事しましたが、やっぱり当店はイタリア車、フランス車が、メインの工場です。
息抜きの仕事にしては神経使いました。途中経過の写真はまるっきりありません。

| | コメント (0)

2015年7月 3日 (金)

ジュリアその2

Guria09_2   

 
 
 
クラッチペダルありますよね。どうなんでしょう?510馬力の車かどうか判りませんが、とりあえずM/T車があるみたいですよね。
 
 
直4モデルもパワーアップしたみたいで、300馬力超えみたいです。ただ、1750の4Cのエンジン後継というみたいで、1750のエンジンが無くなってしまうのでしょうか?ジュリエッタのりとしては、悲しいですね。
 
 Guria10
 
 
 
最新の車らしくタイヤ圧モニターですね。今までの車よりカッコ良い。
 
 
 
Guria12
 
 
 
普通っぽい所が良いですね。
 
Guria11
 
 
 
レースモード付きDNAダイヤルですね。フェラーリみたいにステアリングにつけなかったのは、やはり4ドア車ということからなのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
買うんだったら2リッターモデルかな?しかもFRで。4駆はいらない。多分トップモデルは4駆だろうし、セミATだろうし。通勤に使いたいし。
さてさて楽しみですね。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »