« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

ブッシュ交換

1448894043691.jpg
マセラティのグランスポーツの足回りのブッシュ交換をしました。

1448894049144.jpg

アルファロメオやルノーなんかはアームごと交換となりますが、マセラティは、細かく出ます。もっとも、アームごとだと1箇所10万以上しますのでブッシュも、1個1万近くしたりもします。4輪ウッシュボーンなんで、20個以上交換します。
プレスで外すのではなく、アームをバーナーで熱して、クリアランスを作り抜くという手の掛かる作業です。
重量のあるお車なんでそれなりに傷んでいました。
車の動きがシャキッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月27日 (金)

アルファ156GTA

先日、ご紹介したアルファロメオの156GTAが入庫しています。

03年 車検は来年9月まであります。走行距離は59000Kmです。
興味のある方はTES-factoryまでご連絡ください。
 
 
 
156gta03
 
 
 
 
156gta02
 
 
 
156gta01

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

FIAT124スパイダー

とうとう発表されましたね。

ロサンゼルスのモーターショーですが、意外と早かったなと言う感想です。
124sp05
 
 
ご存知の通り、マツダロードスターベースで生産も広島で行うという車です。
 
デザインはマツダの面影を残していますがイタリア車らしさも出ていると思います。
 
 
124sp04
 
 
124sp03
 
 
後姿なんかは、マセラッティーみたいな感じですよね。
エンジンは1.4Lの140馬力というからMITOと同じですかね?
久々の後輪駆動。しかもM/Tモデルもあるみたい。
 
 
124sp02
 
 
 
内装もかっこよい。スポーツカーしてる。
 
 
実はジュリアの発売が延期になって124も心配していたので安心しました。しかも時間が無いからマツダのエンジンになるんではと言ううわさもありましたし、よしよしという感じです。
 
 アバルト版が出ると言う話もありますが、ブーストアップだけで1750のエンジンは多分積まないのではないかと思います。ジュリアでも新開発の2Lエンジンと言っていますので、多分1750は4Cスパイダーで終わるのではないかなとも勝手な予想もありますので。
 
 
私自身あんまりオープンカーって好きではないんです。ちょっと恥ずかしいし、盗難とかもきになるし。
ただ、これは欲しいかもしれません。着座位置も低そうだし、楽しそう。注目の一台です。

| | コメント (0)

2015年11月18日 (水)

外した時しか

アルファロメオのGTVのタイベル交換とオイル漏れ修理のお車が入庫しました.

 
 
 
Manipipe02
 
 
 
 
インテークマニーホールドとヘッドをつなぐマニパイプです。本当でしたら左のようにピカピカした物です。それが、長年の汚れと錆で右のようにくすんでしまいます。
 
 
Manipipe03
 
 
 
タイベル交換とオイル漏れの処理で色々外しましたので、マニパイプもお掃除しておきました。実はこのパイプステンレスでは無く、鉄パイプにメッキをしてあるんです。なので錆が発生します。そのままにしておくともっと茶色くなっていきます。
今回のお車はぎりぎりと言う感じで錆が落とせました。メッキが剥がれてしまう場合もあります。
 
 
Manipipe01
 
 
 
取り付けてしまうとなかなか掃除しにくいです。やっぱ光ってないとかっこ悪いですよね。
性能には関係ありませんが、せっかくのV6なんで外した時にしか出来ない所は綺麗にしておきます。
いくらメンテしていると言ってもやっぱり、エンジンルームが綺麗でないと駄目ですよね。

| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

ALFA156GTA販売車

アルファロメオの156GTAの販売車のお知らせです。

2003年式のM/T 赤 走行58000KM位 来週入庫予定

新車で納めてワンオーナーです。ずっとメンテしてきました。

タイベルは、53000KMの時に2回目の交換をしています。勿論ウォーターポンプも。

クラッチも55000KMの時に3点セットでカバー、ディスク、レリーズベアリング交換してあります。
マフラー Fパイプ センター リアエンド交換
サスはアラゴスタの街乗り用の車高調が付いています。
ラジエターもアルミに交換済み。
メンテはきっちりやってきているお車です。
価格は販売条件によって多少変わると思うので応断と言う事にしておきます。
興味のある方は早めにご連絡ください。

| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

大きいのと小さいの

今日はFIATな日でした。

Bigsmoll03
 
 
工場の中にぎりぎり入ったFIAT.でかい!!業者さんからの頼まれ仕事。
 
 
エンジンチェクランプ点灯。
こんな車でもダイアグノーシス出来ました。
3L4気筒ディーゼルターボ。
 
 
 
Bigsmoll02
 
 
写真右上の方に見慣れたタンクが!そうです。デュアロジックのオイルタンクです。そうなんです。セミATの6速なんです。
 
テスターでクリアー後の確認で試乗してみてOKでした。いくら大きくても3Lのエンジンなんで、乗りやすく、大きさも4角いので運転しやすい見た目以上の乗りやすさでした。
Bigsmoll01
 
 
 
小さい方はPANDA君、シングルポイントインジェクションモデルです。
エクザミナーも社外テスターも交信できず。多分スロットルについているステッピングモーターがダメっぽいですが、確証できず。
 
 
トラブルシュートの依頼が多くてちょっとうんざりしていますが、頑張らなくては。
明日は、マセとルノーの修理です。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2015年11月10日 (火)

季節の変わり目です

今日は寒かったですね。季節の変わり目は天候が安定しませんね。

テレビのタイヤメーカーのCMは、スタッドレスの宣伝にすっかり変わってしまいましたね。
それって、生産も同じでタイヤの生産は今の時期スタッドレスしかやっていなかったりします。
特に生産量の少ないスポーツラジアル(BSのポテンザ、ヨコハマのADVAN)や、サイズがちょっと変わった車、(10年以上前に生産されていた車)なんかは入手が困難になったりします。
 
 
 
Stdtire01
 
 
 
アルファロメオやルノーなんかは、タイヤサイズがフェンダーぎりぎりでチェーンが巻けないです。というか巻く人も殆どいないと思いますが。
 
 
スタッドレスタイヤの取り寄せも出来ます。組み替えも当方で出来ますので、早めの連絡をください。
タイヤの話ついでで、空気圧。
サーキットそ走っている方はわかるでしょうけど、内圧の変化って多いですよね。本気でサーキットを攻めると走行前に2.0Kに合わせても、走行後2.8になっているなんてことはざらにあります。コンマ8キロ違うと車の動きがまるっきり別物になってしまいます。その半分のコンマ4でも感じられます。
 
一般道は??
メーカー指定でOK??新車時のタイヤでしたらそれで良いかもしれませんが、減ってきたり古くなったり、また違う銘柄のタイヤだったりするとどうでしょうか?ご自分で乗り心地やグリップ力を感じて調整するのも面白いと思います。
当方ではタイヤの状況を見て多少の空気圧決定をしています。お客様があまり乗らない方なんかは多少高めにしたりしてます。
 
毎回乗る前に空気圧を調整できたらよいんですけど、なかなかめんどくさいですよね。
 
そんな方の為に、空気圧モニターなんかもあります。ちょっと値段は張りますがずぼらな人にはつけてもらいたいものです。
 
Stdtire02
 
 
車検時とかにご希望があれば、ホイールバランス調整いたします。純正ホイールでも取れなくなるほどハブと密着しているのもあれば、密着が甘く振れ気味になるホイールもあります。快適なドライブが出来なくなります。特にスタッドレスタイヤは柔らかい上に夏タイヤより重くバランスが狂う場合も多々あります。
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2015年11月 5日 (木)

日々勉強

日々勉強なんて、題材にしましたが、そんな大した事ではないので、軽く読んでください。

 
 
自動車修理工場と言うと車検や点検が作業の殆どでしょうが、外車を扱っているところ特にうちみたいにマイナーなフランス車や、イタリア車を扱っている工場は、多々トラブルシュートをやっていたりします。又、当工場は並行輸入業者さんとの付き合いもあり新車の納車整備みたいな事もしています。
テスターを追加しました。更新が出来ないのがネックですが、ルノーの純正テスターCLIPです。
まだ、使いこなしていません。年式的にもどこまで対応出来るかはっきりしていません。
 
 
数台かけてテストしていますが本格活用はもう少し先ですね。
 
元々、TEXAと言う汎用テスターを使っている為、ルノーも出来ていたわけですが全て対応できていたわけでもなかったので今回の購入となりました。
 
Trafic01  
 
 
 
トラフィックと言うルノーのワンボックスが入庫しました。
 
フランス仕様なんでフランス語のメーターインフォメーションです。英語に変換です。(日本語はありません)次はスパナマークが出ています。
こちらは、ディーゼルインジェクション関係のエミッションが駄目でした。一時的なエラーだったみたいでクリアーできました。
まだ、ランプは消灯しません。試しにエンジンオイルの交換サイクルインターバルをリセット。消灯しました。
ディーゼルエンジンは排ガスに厳しくエンジンオイルの管理もきっちりしないといけません。ルノーのガソリン車には無いシステムです。
TEXAで、シトロエンやプジョーを見る時はラジオの変換もします。FMラジオがEUのままだと周波数が合わず聞けません。日本の周波数に合わせます。ただ、こちらはラジオのレシーバーによって出来たり出来なかったりします。
以前紹介した。ディーゼルエンジン車のDPFの清掃もテスターでやります。
今の車はテスターが無いとどうにもなりません。
 
 
 Trafic02
 
 
しかし、そのテスターを使いこなせるかによって工場の技量が問われます。当工場は1メーカーの専門店ではありません。だからと言って専門店に出来る事がうちでは出来ないなんてゆるされません。だから日々勉強なんです。
でもパソコン嫌いなんですよね。スパナ握っている方が気が休みます。(笑い)

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »