« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月26日 (土)

今回もかっちょえ~~!!

 
 
 
今回ももの凄く良いノリで、素晴らしい出来栄えですね。判る人にしか解らないでしょうけど。
ただ、凄いと思うけど、私自身はサーキットでもドラマはあるので、それで充分。峠は、そこそこのペースで。
サーキットだったら全開できる安心感があります。
この撮影に対して閉鎖も含めて各コーナーごとに人をおき安全の確保、ドクターの待機など、もの凄い努力をされています。しかも一流のプロドライバーが運転しています。
 
 
だから、こういうのも良いと思います。被写体としてですけど。作り手の熱意が感じられる作品だと思います。

| | コメント (0)

2015年12月21日 (月)

ルノーの修理も多くなりました。

なんか、今年の年末はそれ程忙しくも無く、普通に過ごしています。廻りもそうなんで、今年は落ち着いているのでしょう。

 
そうは言っても、トラブルシュートなどの仕事は入庫してきています。
 
ルノー車の修理も多く入っています。
 
 
トラフィック、以前も書きましたが、違うお車です。
 
エンジンチェックランプ点灯です。
排ガス関係のトラブルでしたが解決しました。
 
 
 
Trafic03
 
 
 
ついでと言っては何ですが、ベストな状態ででお返しするために、パーティカルフィルターのの清掃もしておきました。いわゆるDPFと言う触媒なんですが、排ガスでつまってエンジンの性能が、落ちる場合もあり、また、排ガス自体も多く排出してしまいます。
 
テスターで作業します。おまかせですけど、、、、。
30分ぐらい勝手にエンジンの回転を上げて、しかも燃料を濃くしてDPFの温度を上げカーボンなどの不純物を焼ききると言う事です。
 
ちょっと前に問題になったディーゼルの排ガス問題。色々考えはあると思います。今度、時間があるときに取り上げてみようとは思いますが、今出来る事はこういう日常整備をきっちりやると言う事ではないでしょうか。
 
Trafic04
 
 
 
今回は、ルノーの純正テスターでやってみました。 
 
 
TWINGO君も入庫したので。
 
 
ギザギザランプ点灯、ミッションですかね。
 
 
Twingo01
 
 
過去の故障なんで消去しましたが、テスト走行しても再発しないので、今回はお返して、様子を見て貰おうと思っています。ランプが点くだけで特に不具合は感じないみたいですので。
アルファロメオのAT系の修理が2台残っています。
今週も頑張ります。

| | コメント (0)

年末年始の営業

遅くなりましたが、年末年始の営業のお知らせです。 

 
 
23日は営業しています。26日も。
27日は日曜なんでお休み。
28日は通常営業。
29日から翌年1月4日までお休みとさせて頂きます。
1月5日からの営業とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2015年12月15日 (火)

アメリカびいきのFIATグループ

日本と言う国は、イアタリア車があまり売れていない国であります。日本人は、外車と言えばベンツ、BMW,ワーゲンなどのドイツ車が好きで、イタリア車の販売台数はほんと少ないです。

 
そういう事もあって、日本と言うマーケットはFIATグループは二の次にされています。この前の東京モーターショーにアルファロメオの新型車もこなかったし、何の為のモーターショー復帰だったのでしょうか? その後のロサンゼルスのショーではしっかり、新型車が展示されていました。
 
しかも、ホームページだって。
 
 
 
 
以前、ジュリアのボデーサイズをFBでUPしましたが、こちらから引用した物です。
 
 
今朝読んだAUTO SPORTS WEBでは、アルファロメオブランドでF1復帰と言う噂があると書いてありましたが、微妙な感じです。やっぱり、アルファロメオと言えばDTMやITCなどのツーリングカーレースでしょ!F1はフェラーリに任せておいて良いと思います。それもやっぱり、アメリカでの販売のプロモーションなんでしょうけど。
 
 
Rece01
 
 
 Race02
 
 
 
 
アルファロメもルノーのように売れなくても積極的に日本でイベントやってもらいたいですね。確かにネットや、FIATcafeなどの宣伝はしていますが、根本は走りの車なんで。
 
 
ジュリアが出てもこのままでは高級車すぎて、ちょっと違う路線の車になってしまいます。
FIAT124スパイダーベースでなんか作ってくれると良いのですが。
 
 

| | コメント (0)

2015年12月 8日 (火)

12月ですね

151204

 
 
 
12月に入って急に寒くなってきましたね。
工場はゴタゴタしていますが、順調に稼動はしています。
車検や、修理の依頼は早めにお願いします。
やっぱり、12月と言うと入庫が集中してしまいます。ボーナス時期なんでしょうがないんですが、分散してくれると助かります。 
 
最近、ルノーの入庫が増えているような感じですかね。新しい技術が増え色々勉強しなくてはいけない事もありパソコンとにらめっこなんて時もあります。
 
工具を握って作業している方が気楽で良いのですが、今はそうもいっていられません。この前最新版ではないのですが、ルノーのテスターを導入し、段々慣れてきました。
やっぱり数をこなさないとわからないこともあります。入庫の際は何にも無くてもテスターをかけて状況を確認したりします。
定期点険であれば、サービスインターバルをリセットして次回の点険に備えます。
最近はオイル交換もリセットしておかないとインターバルが表示されてしまう車もあります。
 
ちゃっちゃと終わると思ったら、エラーでヒっかかり、時間がかかることもあります。
取りあえず入った仕事はどんどんこなしていかなければいけませんので頑張るしかありませんね。
12月の営業は28日で終わる予定です。ご協力お願いします。

| | コメント (0)

2015年12月 7日 (月)

ピロは強度計算書が必要

車検でお預かりの156

Pirob01
リアのパラレルリンクが社外品に変えられていました。検査予約の関係で車検受けましたが当然落とされました。
強度計算書が必要なんです。前に販売店に聞いたら無い!、、、、と言われたので今回は後日交換して検査受けました。
Pirob02
ピロボール、ゴムブッシュの代わりに使うジョイントですが、確かにゴムのたわみが無くなりクイックな動きになります。
確かにサーキットでは良いんです。でも弊害はいっぱいあります。水がかかったりゴミが入ったりするとすぐガタが出ます。露天駐車の方は気を付けないとすぐ錆が出てガタが出ます。
レースカーはレース前必ずメンテするからサーキットだけを考えれば良いんですが街乗りもする車にはお勧めできません。156や147もそこだけ強化しても駄目なんです。アームの取り付け部が曲がりアライメントが狂い何の為の強化部品だか判らなくなります。他のお車ですが、取り付け部にクラックが入って溶接が必要な修理となった車もあります。本気で走るなら全部強化しなくてはいけません。
実際に156でリアのパラレルリンクを強化するとオーバーステアー気味になります。コントロールで切れば良いのですがリスクは多くなります。
 
話はそれましたが車検の検査に通らないのはやっぱり疲れます。無駄な工賃も発生します。
先日、車検場の検査員が逮捕されました。不正車検ともいえる(両面テープで取り付けられた物を見過ごした)車を受からしてしまった為です。みなし公務員の彼らは今、かなり厳しく検査をしています。つまり前回は受かったけれども今回は受からないと言う事が頻繁にあります。車検時には荷物も降ろさなくてはいけません。
それが普通なんですけど、一般の方には理解されていない事が多いです。
9月から平成10年以降の車はロービームでのヘッドライトの光軸検査になっています。あと付けのHIDは光軸が散ってしまって受かりません)平成22年4月以降の車はマフラーも加速騒音規制に合格したマフラー(検査費用も高く音も静かなため殆ど大手のメーカーは外車用を作っていません)で無いと受かりません。
規制緩和と言いながら結構厳しくなっているのが現状です。
 
 

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »