« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月27日 (金)

フロントミッドシップ

Qtp803

 
 
 
Qtp804
 
 
マセラッティーのクアトロポルテ
オイル漏れの修理で預かりました。単にタペットカバーのパッキンを帰れば治りそうなんですけど、、、、、、。
トランスアスクルを採用しているのでバランスのよい重量配分。 
しかもフロントミッドシップ!!! 
 
整備する方は辛いんですよね。
この車の場合、バルクヘッドのあたりが外せてワイパー廻りが外せるので何とかなるのですが、それでもそれなりに外す物も多く面倒な車です。横から見ると奥側の1気筒が見えません。
 
 
 
Qtp801
 
それでもなんとかタペットカバー外せました。
 
Qtp802
 
 
縦置きのエンジンだとBMWなんかもフロントミッドシップを採用してますよね。奥のほう見えませんよ。
横置きでもプジョーやシトロエンもエンジン自体を傾けていたり、フロント硝子が長くてエンジンルームまで出っ張っていたりして整備性はどんどん悪くなってきています。
 
おまけに、製品のプラスチック化により劣化も早く気を使います。
 
 
クアトロポルテ、全長5メーターを越えています。重量も2トン超えています。それでもフロントミッドシップを採用しています。
整備製より運動性を重視した造りなんですね。
 

| | コメント (0)

2016年5月26日 (木)

雑誌掲載報告

今発売されている、CLASSIC&SPORTS CARに当工場が掲載されています。AUTOCARの出版社の系列です。

Autocar01
 
Autocar02
 
 
 
このページ以外にもエアコンリフレッシュの機械が紹介されています。
雑誌買って読んでくださね!!

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

ジュリアの情報

イタリアでの生産も始まって、色々解り始めたことが出てきました。

 
 
 
 
 
イタリアでの試乗会もあったみたいで、Youtube等で色々公開されていますね。
 
さて、日本ですが右ハンドルが輸入されると言う事は当然なのですが、どうやら、右ハンドルにはAT(トルコン8速)しかないみたいです。何故?と思い色々見てみると、ペダルがつかないようです。スペースが無いように思われます。
 
FRということもあり、センタートンネルが出っ張っていて、しかもタイヤハウスの出っ張りも室内にかなり出ています。左ハンドルの3ペダルを見てもそれは明らかです。しかも、今回トランスアスクルを採用せず、ミッションはエンジンの後にあります。狭いんですね。
 
確実な情報ではないのですが、日本に年末に入ると言う情報も。しかも価格は900万弱??
 
QV以外の情報は皆無ですが、何故か2000CCのガソリンエンジンは発表されていません。
ディーゼルは発表されていて現地価格で450万位。それを考えると500万位なんでしょうか?159の値段考えると600万?
 
 
よく解ら無い事だらけですが、期待の出来る車ですね。
 
左ハンドルM/Tが欲しければ並行輸入車を買えば良いのですね。今為替良いみたいですし。

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »