« ES30SZ修理 | トップページ | 雑誌掲載報告 »

2016年5月16日 (月)

ジュリアの情報

イタリアでの生産も始まって、色々解り始めたことが出てきました。

 
 
 
 
 
イタリアでの試乗会もあったみたいで、Youtube等で色々公開されていますね。
 
さて、日本ですが右ハンドルが輸入されると言う事は当然なのですが、どうやら、右ハンドルにはAT(トルコン8速)しかないみたいです。何故?と思い色々見てみると、ペダルがつかないようです。スペースが無いように思われます。
 
FRということもあり、センタートンネルが出っ張っていて、しかもタイヤハウスの出っ張りも室内にかなり出ています。左ハンドルの3ペダルを見てもそれは明らかです。しかも、今回トランスアスクルを採用せず、ミッションはエンジンの後にあります。狭いんですね。
 
確実な情報ではないのですが、日本に年末に入ると言う情報も。しかも価格は900万弱??
 
QV以外の情報は皆無ですが、何故か2000CCのガソリンエンジンは発表されていません。
ディーゼルは発表されていて現地価格で450万位。それを考えると500万位なんでしょうか?159の値段考えると600万?
 
 
よく解ら無い事だらけですが、期待の出来る車ですね。
 
左ハンドルM/Tが欲しければ並行輸入車を買えば良いのですね。今為替良いみたいですし。

|

« ES30SZ修理 | トップページ | 雑誌掲載報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ES30SZ修理 | トップページ | 雑誌掲載報告 »