« プロペラシャフト | トップページ | パンダのエアコン »

2016年6月21日 (火)

ルノーのクラッチ

ルノー メガーヌ2RSのクラッチ交換をしました。

1466476271521.jpg


ディスクは、穴がいっぱいあいてスポーティーですね。さすがルノースポールです。最近のお決まりのダンパーレスです。フライホイールにダンパーがついています。

1466476272116.jpg



さてこちらは、カバーです。


1466476272658.jpg


ちょっと怪しい部品が付いています。

そう 調整機構なんです。普通は、油圧調整式のクラッチなんで、カバー自体に調整機構が、必要と思えませんが、何故か付いています。
クラッチの再使用の時に外したら調整が必要みたいです。

今回 新品のクラッチなんで、マニュアルによると必要ないみたいですけど、調整してから組ましました。

今までのルノー車ではなかった機構です。勿論、他のメーカーでも。

面白い機構ですが、部品代も高めだしめんどくさいです。

でもきっちりやらせてもらいました。

ちなみにレリーズシリンダーも、最近の定番のフォークを介さないセンター押しです。
これもベアリングと一体で、高いんですよ。


1466476273149.jpg

|

« プロペラシャフト | トップページ | パンダのエアコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルノーのクラッチ:

« プロペラシャフト | トップページ | パンダのエアコン »