« プル式クラッチ | トップページ | マセラッティークラッチすべり »

2016年9月 4日 (日)

やっぱり147の修理が多いです

147ts01

 

 

イタリア車フランス車を中心に工場をやっていますが、やっぱり最近は147の入庫が多いです。一応はやりすたりはありますが。

マセラッティーも多く、ルノーやプジョーなんかもそこそこ入庫してきます。

147といえばセレのトラブルが確かに多いですが、メンテ次第では15万KM とか走っている車もちらほら。

 

セレユニットからのオイル漏れでオーリング交換、GTも含めて30台以上修理しています。

ポンプ自体も以前は高っかったですけど、今は43200円です。
セレオイルも当方で使っているのは、社外品でポンプの音も静かになります。
テスターで圧を抜いて全容量こうかんすればより長持ちします。
 
まだまだ、乗り続けられるでしょう。
 
 
 
147ts02
 
 
 
チェックランプの点灯で、O2センサーの交換をしました。
やっぱり、消耗品なので最近頻繁に交換しています。
 
 エンジン自体が調子悪いとO2センサーが反応してチェックランプを点灯させるという事もありますが、やっぱり消耗品なので、距離を走ったお車は交換した方が良いと思われます。 
 

|

« プル式クラッチ | トップページ | マセラッティークラッチすべり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プル式クラッチ | トップページ | マセラッティークラッチすべり »