« ジュリア ベローチェ | トップページ | ひとり言 ガソリンエンジンの進化は止まりません »

2016年9月29日 (木)

DPFが詰まる原因

最近、ヨーロッパのディーゼル車がはやっていますよね。

排ガス規制が厳しい日本でもそこそこ輸入されてきています。乗るとトルクフルで乗りやすいんですよね。
 
ただ、やっぱり厳しい排ガス規制の為にちょっとでも調子を崩すとすぐチェックランプがつくんです。
色々な排ガスシステムがありますが、多くは三元触媒とDPFの組み合わせが多いです。
一酸化炭素、炭化水素を除去し二酸化炭素をフィルターで止めて焼ききるという仕組みです。焼くのは自動でやるのもあるしテスター等でやるのもあります。
で、エンジンオイルの話をします。
 
ガソリンエンジン用とディーゼルエンジン用のエンジンオイルがありますが、実はガソリン車にはどちらでも使えます。ディーゼル車は、専用品です。
しかも先に書いたDPF付きの車は更に使えるエンジンオイルは絞られます。
耐摩擦剤、酸化防止剤これらは亜鉛化合物、カルシウム化合物が含まれています。金属系の化合物ですね。エンジンの耐久性を伸ばしたり,オイルの寿命を延ばす成分です。
これらが含まれているエンジンオイルはDPF装着車には使えません。DPFのフィルターに貯めて焼ききる段階で金属系の化合物は残ります。そしてつまる。
 
フィルターが詰まったら排気が詰まりエンジンの不調をきたします。
 
そしてチェックランプもつきます。何度クリアーしても詰まっているので同じです。
 
自動車メーカーはオイルを指定してきます。しかも勝手に規格を作って認証オイルとします。
 
クリーンディーゼル対応でも国内の物は規格が違います。どこが違うか正直解りません。
だから、フランスやイタリアのディーゼル車は、ヨーロッパのDPF対応オイルを使うしかありません。
それがトラブルを防ぐ唯一の方法なので。
 
 
 
Dpf01
 
 
写真は調子が悪く結局DPFを交換するはめになったランチアテーシスのDPFです。右側が前ですが酸化触媒がついていて左側がDPFフィルターです。
 
 
当店ではユニルオパールのフチューラ5W40を用意しています。
ディーゼル車お勧めのオイルです。環境に良いオイルなので勿論ガソリン車にも使えます。    
Unil01        
 
 
画像は在庫オイルではなくイメージです。FUTURAは在庫しています。

|

« ジュリア ベローチェ | トップページ | ひとり言 ガソリンエンジンの進化は止まりません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュリア ベローチェ | トップページ | ひとり言 ガソリンエンジンの進化は止まりません »