« アクセルペダル | トップページ | 通常整備 »

2016年10月26日 (水)

マセラティのセミATのクラッチトラブル

マセラティのクーペ グランスポーツがレッカーで運ばれてきました。

 
前には何とか滑りながら動きますが後にはギアすら入りません。 
早速修理です。
 
 
 
Masegs05
 
 
 
マフラーやミッション、プロペラシャフトなどを外してクラッチが出てきます。 
 
想像通りです。
 
 
 Masegscl01
 
 
 
ダイアフラムスプリングの爪が不ぞろいです。これではプレッシャープレートがうまく押せません。クラッチも切れないし、ギアがつながっても滑ります。 
 
 
 
Masegscl02 Masegscl03
 
 
 
交換部品です。
クラッチキット、フライホイール、パイロットベアリング、F1センサー、レリーズ(シリンダーとベアリング一体)、それと、大事を取って、F1ポンプにF1ポンプリレー。
 
 
 
で、クラッチキットをバラしてみると、、、。
 
 
 
 
 
 
Masegscl04
 
 
 
いつものように、ダイアフラムスプリング二クラックが、、、。折れてますね。
 
 
何台か経験していますが、クーペ系ばかりですね。クアトロポルテもなるかもしれませんが、実際はクラッチキットの品番も違うのでどうなんでしょう?
勿論、クアトロの後期型や、グランツーリスモの強化されたクラッチだと大丈夫なのでしょうけど、、、。多分!
 
 
これは、前兆無く急になると思うので、防ぎようは無いかもしれませんが距離と年数で早めの交換をしたほうが良いのでしょうね。
 
 

|

« アクセルペダル | トップページ | 通常整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アクセルペダル | トップページ | 通常整備 »