« ひとり言 ガソリンエンジンの進化は止まりません | トップページ | ディーゼル燃料フィルター »

2016年10月 3日 (月)

シャマル

マセラッティー シャマルが、タイベル交換で入庫しました。

 
 
ビトルボや222,228などのV6とは違いV8のエンジンを積んでいます。
 
ビトルボ系と殆ど変わらないボデーにV8TwinTurboですから、もの凄いじゃじゃ馬ぶりだということです。
 
 
Shamal03_2
 
 
なので、タイヤサイズ拡大の為、凄いブリスターフェンダーです。 
 
 
Shamal02_2
 
 
 
 
う~ん、素晴らしい!!
 
 
 
Shamal01
 
 
このエンジン両バンク1本のベルトで駆動していて長いんです。でも、TwinCamなんですが、EX側はギア駆動で、ベルト側にはスプロケットありません。
 
 
ディーラーに部品頼んだら、何も言わずにウォーターポンプが送られてきました。勿論注文は入れていたのですが、、、、。意外と安く7万ちょっと。昔は20万位したのにな~~!!しかし、、、、、、!!
 
 
でも、パッキンは生産中止。作ることも可能でしたが今回は切れずに残ったので再使用。
組み付けていって、とんでもない事を思い出した、、、、。このウォーターポンプ32000GTのだ。このままでは、タイベルのテンショナーが付きません。 
 
ネジ穴の径が違っていて加工が必要だったんです。
 
Shamal04
 
 
無事組み付け終わりました。
 
 
やっぱりこの年式あたりだと部品の確保も厳しくなってきましたが、とりあえずは、今の所なんとかなります。
QP8のV8や3200のV8より何故かスムーズに回ります。とても気持ちの良いエンジンですが、ターボ自体はどっかんターボなんで運転するには技量が必要な車です。
 
ご入庫ありがとうございました。 

|

« ひとり言 ガソリンエンジンの進化は止まりません | トップページ | ディーゼル燃料フィルター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとり言 ガソリンエンジンの進化は止まりません | トップページ | ディーゼル燃料フィルター »