« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月21日 (水)

セミATの制御オイルの交換

車検でお預かりした、シトロエン ピカソ。

ATなんですが、シングルクラッチのセミATです。
Picaso05
特に問題もなっかったのですが、制御オイルが汚れていたので交換しました。
 
 
Picaso06
 
 
シトロエンでは、EGSと言うみたいですけど、基本はマレリーなんで他のメーカーと同じです。
3万KM位で交換しておけばよいのですが、なかなか皆さん交換の依頼が来ません。
今回車検という事もありやらせていただきました。
 
パワステオイルみたいな感じで特にメーカーでは交換時期を推奨していませんが、やはり、熱や異物で汚れます。
 
 
タンクを外してオイルを入れ替えて、一応テスターで、キャリブレーション。
 
 
ピカソもそうですが、オイルタンクが見えにくい所にある車が殆どです。
 
 
何かある前に交換をお勧めします。

| | コメント (1)

2016年12月20日 (火)

年末年始の営業

誠に勝手ながら、12月29日から1月4日まで、休業とさせて頂きます。
 
23、24日は営業しています。 
 
押し迫った年内の仕事頑張ってやらないと。
待ち作業でオイル交換等も受け付けています。
入庫時は連絡いただくと助かります。

| | コメント (1)

マイバイク

工場によく来るお客様は、ご存知でしょうが、こんなの持ってます。

Ital01

イタルジェット ドラックスターです。多分、15年位前に買いました。見た目傷んでいますが、そこそこ大事にしています。お弁当買いに行ったり、銀行行くのに重宝しています。 まだまだ、距離は3400KMです。 お気に入りなのですが、乗りっぱなしでメンテしていませんでした。ブレーキのフィーリングが良くないのでブレーキオイルの交換をしようと思いましたが、タンク内がヘドロ状態。 イタルジェットというメーカーはイタリアでは中堅ですが、私が買った後すぐにつぶれてしまい部品の購入が難しく困っていましたが、なんとかイギリスから購入出来ました。 マスターとレバー、タンクアッシーの交換です。 前から気がついていたのですが、まさかなと思う問題が在りました。

 

Ital002

良くみないと解らないのですが、ブレーキホースの取り付けのフィッティングとエアー抜きのブリーザーが一体です。しかもキャリバーの真ん中。普通に考えてブリーザーは、エアーが抜けるように上についています。やはり抜けません。あり得ないですが、キャリバーを外してのエアー抜きです。タイヤが方持ちなんで4輪のようにホイールが簡単に外れますが、これは無いでしょう。 スクーターなんで、ホイールが小さく、ほとんどのスクーターは、ドラムブレーキですが、イタリア車と言うこともあり、ディスクブレーキを採用していますが、これは無しですね。 一度つぶれたメーカーですが、復活したみたいです。 ただ、電動化が進み、ドラックスターのようなバイクは作れないでしょうし、昔のバイクの部品も作れ無いでしょう。大事に乗っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

塩害でブレーキが

プジョーの車検をお預かりしました。2009年式なんで問題は無いだろうと思っていましたが、ブレーキのフィーリングが悪いという事で、修理させて頂きました。

1482058880404.jpg

ブレーキローターは、こんな感じです。表はそんなに傷んでいませんが、裏側は酷いですね。

1482058881687.jpg


ブレーキパッドです。フロントは外してみたら割れてしまいました。
リアはなんと剥離(剥がれ)してしまいました。
お客様は、ウインタースポーツが好きみたいで、毎年雪国へお出かけしているみたいです。塩害ですね。
今の車は錆にくいように、表面加工されていたり、コーティングされていますが、ブレーキは、鉄むき出しですから影響受けますね。
取り付けた部品は耐熱塗料を吹いておきました。多少は長持ちしてくれるでしょう。
雪国は勿論、都会でも塩害の影響をうけてしまいます。
以前の車検では、シャシーコートスプレーをふいていましたが、今はあまりふきません。不安のある方は、一報ください。黒だけではなく、透明のシャシースプレーも用意してあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

アルファロメオGTのガソリン漏れ

アルファロメオGTのお客様から、ガソリン臭いとの連絡でお預かりしました。


1482056858143.jpg

点検してみるとやはりいつものフィッティングのクラック。
イタリア車では、よくあることですが147と一緒のシャシーを使っているのに、なぜかGTは上から出来ません。サービスホールが小さくて出てきません。配線とフィッティングを外した後は下からの作業です。

1482056858954.jpg
マフラー、サイドブレーキなどを外してガソリンタンクを降ろします。

1482056859846.jpg
ポンプASSYでの交換となってしまいます。
手間も部品代もかかりますが、ガソリン漏れは気が付いたらすぐ対処しないと危険です。GTを始め、イタリア車のオーナーさんは、ご注意を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

今日はルノー屋さん

1481013891086.jpg
今日は工場のなかにルノーが3台。フィアットが2台。青緑黄色白水色。
カラフルな日でした。

1481013891688.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

車検でのディーゼル車の排ガス検査

シトロエンのC4ピカソの車検をやりました。 

 
Picaso05
 
 
並行輸入車のディーゼルエンジン車です。
 
高年式車なんでオパシメーターでの測定です。いわゆる黒鉛検査ですね。
 
 
当方に測定器が無いので、一発勝負。駄目でした。何度かトライしてぎりぎりで受かりました。
 
 
新車登録と違って走行テスとは無いのですが、それでもぎりぎり。
 
街乗りが多いディーゼル車はすすが溜まりやすいです。燃料添加剤を入れただけでは対策で来ません。
 
Dpf02
 
 
DPF外して覗いてみました。
検査を受ける前にテスターで焼く作業(回転を上げて燃料を濃くして焼ききる)をして
検査を終えて帰ってきてからの点検です。
やっぱり、ちょっとすすが残っていますね。
 
 
 
Dpf03
 
 
こちらはDPFの前につく三元触媒です。こちらはそんなにすすがついていませんね。
 
 
次回はDPFを外して洗浄剤で洗ってから車検を受けないと駄目でしょう。
 
 
環境問題もありますので、DPFを良い状態で保つようにしないとエンジン自体も悪化してしまいます。
 
 
ガソリンエンジンもそうですが後処理の触媒やDPFの管理もきっちりしていきましょう。

| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

147GTA販売車

アルファロメオの147GTAの販売車のご紹介です。

 
 
147gta01
 
 
 
03の初期モデル。左ハンドルM/T車です。
 
車検はH30年8月まであります。距離は125000KMと多いですが、それなりにメンテてきています。納車時にタイベルとウォーターポンプの交換を行います。
特に問題もないのでそのままお乗りいただけると思います。
 
 
 
147gta02
 
 
 
ショックアブソーバーやクラッチも交換済みです。
 
価格は648000円です。
 
 
M/Tミッションで駆け抜ける楽しさ、32000CCのビックトルクを楽しめるお車です。
 
 
ご興味のある方はご検討ご連絡ください。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »