« プロペラシャフト | トップページ | 試作品完成 »

2017年3月29日 (水)

冷却水タンク

アルファロメオのジュリアQV

エンジンルームを開けると冷却水のタンクが2つあります。
V6エンジンだから方バンクずつ、、、、。なんてことはありません。
 
Giuriaeg01
 
 
右前にあるのは、インタークーラー用の冷却水のタンクです。ラジエターもエンジン本体とは別にあります。
インタークーラーを小さくするのに水冷にし充填効率を上げるために電動ポンプで循環させているみたいです。エンジンの冷却水とは別体で作動しています。
 
ターボ車はエンジンレスポンスが悪いです。それを改善するために、タービンからスロットルまでの配管を短くすることが必衰です。その間にインタークーラーを入れなくてはいけないのでインタークーラーの位置もエンジンの上とかに配置している車も多く見受けられます。
V6でスロットル2個の配置なんですけど、2個のインタークーラーはラジエターファンの後ろ側に配置され始めてみる構造です。
 
これからも色々報告したいと思います。

|

« プロペラシャフト | トップページ | 試作品完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロペラシャフト | トップページ | 試作品完成 »