« メーカー指定タイヤ | トップページ | ゴールデンウイーク中の営業 »

2017年4月20日 (木)

給油口

最近のFIAT系の給油口、困った事に蓋にキャップが付いています。

 
 
Pandafuel01
 
 
これは、パンダですけどキャップを外して扉に引っ掛けているのではなく、元々こちらについています。外す手間を省いてくれてありがとう、、、、、?とは言いません。
古くなってきたらゴミや水が入る危険も。勿論、口自体にはワンウェイの扉が付いているわけですが、これが硬い。だから異物の混入が防げると考えているのでしょうが、、、。
普通に造ってよ。
 
 
アルファロメオの4Cもそうで、外観から、スタンドの方がビビッて給油ノズルを押し付けられない事もあります。
だから、私は嫌いでした。
 
 
新型ジュリアは普通にキャップです。ネジ式の。普通が一番。写真はありませんが。
 
しかし、燃料計がLEDのデジタル。FIAT系は多く見受けられますが、針で表示して欲しかった。
 
Giuriafuel02
 
 
右端にあるのがそうです。よく診てもらうとガソリンのマークの横に矢印が。
給油口の方向を指してくれています。
今までのアルファロメオは殆ど右側、75,145,156,147、ジュリエッタと乗り継いできましたが、全て右側。
左側は初めてです。308、355などのフェラーリは左側。なんで?とおもっていましたが、どっちでも構わないのですがエンジンがフェラーリの工場で造っているから??
どうでも良い事ですが、、、、。
ちなみに、先程書いたLEDで見悪いメーターと書きましたが、残量が少なくなると点く、ランプありません。
 
LEDなんで。 
 
 
Giuriafuel01
 
 
LEDの色が変わります。
ガソリンのマークも。
LEDの上手な使い方??でした。

|

« メーカー指定タイヤ | トップページ | ゴールデンウイーク中の営業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メーカー指定タイヤ | トップページ | ゴールデンウイーク中の営業 »