« 部品のプラスチック化はどんどん進む | トップページ | 夏まっさかり »

2017年7月11日 (火)

FIATもクラッチ交換

FIATのバルケッタのクラッチ交換をやらせて頂きました。

 
Balketta01
 
 
滑っている感覚は無いのですが、踏み応えに引っ掛かりがあり違和感がありました。 
 
FF横置きのエンジンでエンジンルームが狭いので下廻りのサブメンバーを外しての作業となりました。 
 
Balketta02
 
 
ミッションを降ろすと判っていた事ですが、クラッチ自体もオイルで濡れていました。 
 
 
 
Balketta04
 
 
ミッションからオイルが漏れてクラッチでオイルを拡散していました。 
 
 
 Balketta03
 
 
ミッションのオイルシールからでした。このミッションの良くあるベアリングの損傷は、確認しましたが大丈夫でした。アルファロメオ156では、オイルシールの奥のベアリングが駄目になってオイルシールが損傷すると言う事が多発していましたが、今回は大丈夫と言う事でシールを交換して清掃して組み付けました。
 
同時にエアマスからスロットルまでのホースが亀裂が入っていてエンジンが息つきを起こしていたのでそちらも交換させていただきました。取引先のディーラーさんと輸入元には無かったのですが、他のディーラーさんが持っていたみたいです。もう手に入らない部品かもしれませんね。
 
ご入庫ありがとうございます。

|

« 部品のプラスチック化はどんどん進む | トップページ | 夏まっさかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部品のプラスチック化はどんどん進む | トップページ | 夏まっさかり »