« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月28日 (金)

何故か155

15501

 
 
アルファロメオ155.DTMの影響もあって日本ではかなりの数売れましたですよね。
 
20年経った今、さすがに街中ではあまり走っているのを見かけなくなりましたよね。 
 
当方でも、お客様の数が減って着ました。
 
ところが、赤ばっか、3台同時入庫。こんな事もあるんです。類は類を呼ぶと言いますか。 
 
外装部品等は入手が難しくなってきましたが、基本的な消耗部品はまだまだ、大丈夫です。 
 
156や147のオーナーの方より、愛着心が強いのか皆さん頑張って乗っていますよね。 
 
四角い車、少なくなってきましたが人気あります。 
 
 
15502
 
 
私も、24分の1ですが、あります。155は、買った事ありますが私用では乗っていません。156や147は通勤にも使いましたが、モデルカーは持っていません。
 
セダンの流れでジュリア乗っていますがこういう四角い普通の車好きです。 

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

夏まっさかり

連日暑いですね。水不足も心配され、異常気象まっさかりと言う状態ですね。スコールのようなにわか雨や氷(ひょう)も困った状況です。人にも厳しい状況ですが車も厳しい状況です。

 
20年位前は、夏の定番修理と言えばオーバーヒート。さすがに今はあまりありませんね。その分エアコンの修理がとんでもなく多くなってきました。 
 
 
 
155ac01  
 
 
工場に入っている殆どの車がエアコンの修理です。基本はガス漏れ。ホースや、コンプレッサー、エバポレーターなど様々です。 
写真の155はコンプレッサーからのガス漏れ。フロントのシールからの漏れです。コンプレッサーのガス漏れにはケースが変形して継ぎ目からのガス漏れなんかもあります。 
 
155ac02
 
 
20年経った車ですがリビルト品がありました。リビルト品が無いとこの時期、3週間位修理に時間がかかります。冬場なんかは1週間で戻ってくる場合もありますがこの時期集中しすぎて駄目ですね。 
 
一つ目の写真、機械でガスを回収しているわけですが、同時にオイルも回収しています。右が回収したオイルです。左と比べて濁っていますよね。
 
Aircon03
 
 
アルミのかすや鉄粉、錆なども一緒に回収してくれるので新しいガスとオイルの性能が発揮されます。勿論ガスも水分を除去するため、システムにも優しい機械なんです。
 
今、エアコンがちゃんと効いている方にもこの機械でのガスの入れ替え施行をお勧めします。
 
ガスの補充、機械でのガスの入れ替え、待ち作業で出来ますが、予約を入れていただけると助かります。

| | コメント (0)

2017年7月11日 (火)

FIATもクラッチ交換

FIATのバルケッタのクラッチ交換をやらせて頂きました。

 
Balketta01
 
 
滑っている感覚は無いのですが、踏み応えに引っ掛かりがあり違和感がありました。 
 
FF横置きのエンジンでエンジンルームが狭いので下廻りのサブメンバーを外しての作業となりました。 
 
Balketta02
 
 
ミッションを降ろすと判っていた事ですが、クラッチ自体もオイルで濡れていました。 
 
 
 
Balketta04
 
 
ミッションからオイルが漏れてクラッチでオイルを拡散していました。 
 
 
 Balketta03
 
 
ミッションのオイルシールからでした。このミッションの良くあるベアリングの損傷は、確認しましたが大丈夫でした。アルファロメオ156では、オイルシールの奥のベアリングが駄目になってオイルシールが損傷すると言う事が多発していましたが、今回は大丈夫と言う事でシールを交換して清掃して組み付けました。
 
同時にエアマスからスロットルまでのホースが亀裂が入っていてエンジンが息つきを起こしていたのでそちらも交換させていただきました。取引先のディーラーさんと輸入元には無かったのですが、他のディーラーさんが持っていたみたいです。もう手に入らない部品かもしれませんね。
 
ご入庫ありがとうございます。

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

部品のプラスチック化はどんどん進む

今年モデルの」シトロエンC4ピカソのオイル交換をやらせて頂きました。2000CCのディーゼルターボです。

 
正規輸入車のメンテナンスパック付きで、オイル交換もディーラーさんでやればただなんですけど、10000KMまで、オイル交換無しと言われ長く乗り続ける為に、最初が肝心と言う事で、1596KMで交換させていただきました。 
 
お車を大事にされているお客さんだけあって、オイルの知識もありDPF付き車用オイルを調べて、ユニルオパールをご指定いただきました。オートバイも乗っていらっしゃると言う事でオイルでフィーリングが変わるのもわかっていらっしゃって、エステルPAOベースのX-TRAをご指定いただきました。
 
 
Uni02
 
 
アンダーカバーを外して、さっさと終わらせようとしたら違和感。 
 
 
Picaso07
 
 
そう、プラスチックのオイルパンなんです。技術系の雑誌ではオイルパンのプラスチック化があるということが載っていて、知ってはいたのですが、とうとう自分で作業する車までもがと言う事で驚きです。
 
 
しかも、、、、、、、。
 
 
 
 
 
Picaso08  
 
 
 
どう見ても、↑コレ、ドレンプラグですよね?他にそれらしきネジは見当たらず、、、、。 
 
おっかなびっくり、ピンを抜いて回してみました。 
 
正解でした。やっぱりドレンプラグでした。
 
 
Picaso09  
 
 
ちょっとびっくりです。半回転で外れます。工具必要ありません。 
 
時代はこういう方向に行くのでしょうね。プラスチック化は避けられないのですが、耐久性は大丈夫なんでしょうね。
 
お車の写真撮り忘れました。 
 
 
ご入庫及びご利用ありがとうございました。

| | コメント (2)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »