« 変な症状 | トップページ | 休み明け »

2017年8月 9日 (水)

変な症状2

昨日の続きです。

始動後、3回に2回位クラッチが滑ってしまう500マセアバルト君。セミATのトラブルです。
 
とりあえず、ミッションを降ろしました。
 
どう考えても、クラッチ本体かセンサーのトラブルと言う確信があったので。
 
セミATと言う事で、クラッチのストロークを測っています。それが駄目なんだろうと。
 
 
 
500mase04
 
 
単品で見ると良く解らないのですが、新品と比べるとギャップがおかしい。
 
しかも、こすれた後が、、、。
これって、カバーと!!!!
 
確かにカバー側にもこすれた後が、、、。 
 
 
しかも変?? 
 
何故か、この車の車体番号から部品を頼むと違う部品。この年式の695用はクラッチ生産中止??謎です。 
 
部品屋さんとあれこれ、やりとりして、他の車体番号で注文、それらしき物が来ました。
 
 
ただ、、、、??
 
500mase03  
 
 
プレッシャープレートの形が違う。右が新品ですが対策品なのでしょうか?それとも左が曲がってしまったのでしょうか?距離は17000KM.品番も違うし、勝手に対策品と判断し、仮組みし、プレッシャープレートの位置をノギスで測定。問題ない高さだったので組みました。 
 
ミッション載せて組んだ後、セミATのリセット位置出し、クラッチのキャリブレーション。すべてやった後、試運転。問題ありませんでした。 
 
クラッチのディスク自体も減っていました。デュアロジの調整不足からトラブルが発生したのでしょうか?そこら辺把握しておきたっかたけど、品番も違うし判断しかねます。ただ、治ったので終わりよければ全てよし、と言う事で納車できました。
 
 
FIAT500や、アルファロメオ等のセミAT、マセやフェラーリ。一応自動調整は付いていますが、たまにはテスターでキャリブレーションやったほうが長持ちします。
 
気になる方はご連絡ください。
 

|

« 変な症状 | トップページ | 休み明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変な症状 | トップページ | 休み明け »