« 安全装備とマニュアルトランスミッション | トップページ | 淡々とやっています »

2017年9月11日 (月)

159オルタネーター交換

アルファロメオ159の充電不足で入庫しました。

電圧はあるのですが、電流が上下動激しく、ライトをつけると切れかかった電球みたいになっています。 
 
159orta01
 
 
エンジンルームが広い割には付いている場所が良くなく色々外します。 
 
 
 
159orta02
 
 
インテークマニーホールドを外すと見えてきます。 
 
 
 
159orta03
 
 
 
ちょっと作業のしにくいアウターベルトをはずすと外れます。
 
 
159orta04
 
 
このオルタネーターは、スリップ機能が付いています。ワンウェイクラッチによる、急激なエンジン回転の低下によるベルトへの負担を減らす目的と充電の安定化を増す為のワンウェイ機構です。
 
効果はどれだけの物だか解りませんが、最近はみんなこれ付いていますね。ルノー車はこれがゴムだったりします。
 
残念なことにプーリーが壊れる事も多々あり、しかも単品で部品が出ません。
今回はダイオードが駄目で整流されていないと想像できますが、リビルト品とASSY交換です。
 
159系のこのエンジンのオルタネーター正直よく壊れます。
今回はオーナーさんが異常を感じ、自走での入庫が可能でしたけど、結構レッカーでの入庫も多い事例です。

|

« 安全装備とマニュアルトランスミッション | トップページ | 淡々とやっています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安全装備とマニュアルトランスミッション | トップページ | 淡々とやっています »