« ステアリングピニオンシャフトの交換 | トップページ | ジュリアのマフラーのリモコン価格 »

2017年10月20日 (金)

不動車復活

2ヶ月も前ですが、フェラーリの456の不動車を預かりました。 

 
お客様とお話すると、車検が切れてしまったので乗っていなかったら動かなくなってそのままになっていたと言う事。 他の車の修理で来店されたときに依頼されました。 
 
456fuel01
 
 
トランクの内張りを外すと出てきます。これを見たアルファロメオのお客さんが、スピーカーの修理もやるのですかと言ってきました。そうですよね、リアシートの後にガソリンタンクがあるなんてあまり無いですものね。普通は床下ですね。
 
 
456fuel02
 
 
フェラーリ全車や、マセラッティーの2000年以降の車はアルミのガソリンタンクです。 
 
456fuel03
 
 
外した、ポンプのステー錆錆です。 
 
 
456fuel04
 
 
コレクターの中はどろどろです。
 
耐震対策や、防音効果のある、ゴムで包まれているわけですが、そのゴム自体が溶けてどろどろになりポンプにつまり動かなくなります。
 
新品のポンプを組んで、錆も落とし腐食防止の耐ガソリンの塗装をして組みました。勿論どろどろになってしまった、純正のゴムは使わず他の耐ガソリン製の部品で組み上げました。
 
 
 
無事復活しました。
ちなみに12気筒、ポンプも2個あればECUも2個あります。なんで左右バンク燃料ラインは別々でフューエルフィルターも外付けで2個あります。
 
連続のご入庫ありがとうございました。

|

« ステアリングピニオンシャフトの交換 | トップページ | ジュリアのマフラーのリモコン価格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ステアリングピニオンシャフトの交換 | トップページ | ジュリアのマフラーのリモコン価格 »