« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月22日 (金)

寒いと思ったらサーモスタット交換

毎日寒いですね。天気が悪くなったたら絶対に雨でjは無く雪になりそうです。

 
 
車のヒーター、ちゃんと効いていますか?ヒーターが効きが悪いのはこの季節辛いですよね。
 
エンジンの水温が高くなって温水になりその熱を使って室内を暖めるわけですが、肝心なエンジンが温まらないとヒーターも効きません。
 
水温を速く上げ、そして適温に管理するのがサーモスタットという部品です。 
 
 
Surmo01
 
温度によってスプリングで閉められている弁を開けて、流れる温水を管理している部品です。
 
弁が曲がったり、サーモワックスが経たったりすると弁が開きっぱなしになり温まりが悪くなります。
エンジン自体の燃焼の熱を冷却水で冷却するわけですが冷えているときはラジエターに送らず、エンジン本体の中でじゅいんかんさせています。サーモスタットが壊れたり経たると、ラジエターに流れてしまいヒーターの効きが悪くなります。
ヒーターの効きが悪いと思ったら早めのサーモスタットの交換をお勧めします。
おまけ、、、!
寒い朝、、、。

| | コメント (0)

2017年12月21日 (木)

年末年始の営業

遅くなりましたが、年末年始の営業予定が決まりました。

 
 
12月28日まで営業(23日も営業)
1月5日より営業
 
ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。 
 
工場は、何となく目処が立ってきたような?
おとといは 
 
 
20171220
 
 
昨日は
 
 
20171221
 
 
年末は何故か派手な車が集まります。 
 
黄色いの2台は完了してます。
 
なるべく、居残りを無くしたかったのですが、何台か残りそうです。
 
もう一息頑張ります。 

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

ルノーのヒューズ

1513520053306.jpg

 
1513520055418
 
ルノーのメガーヌ3RSのクラッチ交換をやったのですが、クラッチ抜けの為、走行不能に。そこでお客様が、移動する為に、セルモーターを回して移動。 普通は私達でもやります。普通問題無いのですが、最近のルノー車は、やってはいけないのです。写真はメガーヌ3ですが、クリオ3は、プレートのヒューズが付いています。ヒューズ自体がプレートになっているので専用品です。 バッテリーの横に付いている箱を開けてみると多数のヒューズがプレートになっています。配線図で調べたら、190Aの文字が、、、、。 スターターと直列にオルタネーターが配線されています。それの保護と火災防止の為に付いていますが、一体化された為に値段も高いです。 しかもメガーヌ2のクラッチをやった時も同じ症状。皆さんやってしまいます。 今回は輸入元に1個のみ有りましたか、2をやった時は在庫無し。代用品を作りました。 最近のクラッチレリーズシリンダーは、クラッチハウジングの中にベアリングと一体化されていて洩れも解りにくいです。 クラッチ滑っていなくても早めの交換をお勧めします。 そして、クラッチトラブルが出ても出来れば、押して移動しましょう。ただやっぱり車道だったりすると安全の為にセルモータを使うのは仕方がないですが。

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

ES30 SZのタイベル交換

久しぶりの更新になってしまってすいません。断片的にFACE BOOK は、アップしていたのですが。

アルファロメオのSZ(ES30)のタイベル交換をやらせて頂きました。 
 
 
V6tensho02
 
 
最近はちょっと部品が少なくなってきましたが、何とか流用や加工で消耗品は維持してきています。
タイミングベルトは国内に入っている155とは違うものですが、社外品でまだ有りました。
 
テンショナーなんですが、SZは油圧でベルトを緩める構造になっています。ベルトって温まるとちじみます。そうすると張りが強くなってしまいます。それを考慮して油圧で張りを制御しています。基本は、スプリングの力で貼っています。エンジンが冷えているときはオイルも冷えていて油圧が高いです。その圧力を利用してベルトを張ります。エンジンが温まると油圧が下がりテンションが低くなります。この構造は理にかなって良いのですがオイルが漏れる欠点があります。ただ、もう部品も手に入りません。ベアリング自体も手に入りません。
 
 
V6tensho01  
 
 
 
そんな状況もあって155V6用の機械式に交換します。 
 
交換といってもボルトONではなく、まず油圧の穴をふさぎ、スタッドボルトの径が違うので交換します。エンジンにドリルで穴を広げたりネジ切ったりします。
それで、交換するわけですが、ウォーターポンプもありません。
海外で155V6用をプーリー変えて売っているので今回はそれを使わせて頂きました。
 
今回は当方に在庫してあったので短期間で修理は終わりました。 
 
SZ、大好きな車なんで部品を見つけたら在庫するようにしています。

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »