« マセラテイのガソリン漏れ | トップページ | CLIO V6タイベル交換 »

2018年1月19日 (金)

ES30ミッション修理

先日納車したお車ですが、年末お預かりだったので、こちらもオーナーさん休み中、のれませんでしたね。

 
 
Sztm01
 
 
アルファロメオのSZ.ES30です。もうこのお車も生産されてから25年たつのですね。旧車の部類に入るのでしょうか? 
 
休み前に急にミッションが2速に入り辛くなったと言う事でお預かり、しかもガソリンも漏れているみたいで、ガソリン臭い。
 
まずはガソリン漏れから。エンジンルームのガソリンホースに亀裂がありました。亀裂のあったホースだけでなく、エンジンルームは勿論、フューエルタンク廻りのホースも全て交換させていただきました。
 
Sztm02
 
 
ミッションを脱着してバラしてみると2速のシンクロリングが減っていました。傷もついていたのでハブスリーブも交換。
 
プロペラシャフトのジョイントカップリングのゴムも亀裂があったので交換しました。 
SZのハンドリングを左右するフロントタイヤも片減りしていたので交換して納車となりました。フロントが重い上にキャンバーつきすぎているんですよね。でもそれであのハンドリングのすばらしさがあるので仕方が無いのでしょうけど。
 
SZの部品はまだ何とかなります。SZ専用品のウォーターポンプなども加工品が出回っていますので、まだまだ現役で走り回る事が可能です。
 
タイベル関係と、プロペラシャフトの部品は当方で在庫しています。
 
乗り続けるためのご協力が出来たらと思います。いつもありがとうございます。

|

« マセラテイのガソリン漏れ | トップページ | CLIO V6タイベル交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マセラテイのガソリン漏れ | トップページ | CLIO V6タイベル交換 »