« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月19日 (金)

ES30ミッション修理

先日納車したお車ですが、年末お預かりだったので、こちらもオーナーさん休み中、のれませんでしたね。

 
 
Sztm01
 
 
アルファロメオのSZ.ES30です。もうこのお車も生産されてから25年たつのですね。旧車の部類に入るのでしょうか? 
 
休み前に急にミッションが2速に入り辛くなったと言う事でお預かり、しかもガソリンも漏れているみたいで、ガソリン臭い。
 
まずはガソリン漏れから。エンジンルームのガソリンホースに亀裂がありました。亀裂のあったホースだけでなく、エンジンルームは勿論、フューエルタンク廻りのホースも全て交換させていただきました。
 
Sztm02
 
 
ミッションを脱着してバラしてみると2速のシンクロリングが減っていました。傷もついていたのでハブスリーブも交換。
 
プロペラシャフトのジョイントカップリングのゴムも亀裂があったので交換しました。 
SZのハンドリングを左右するフロントタイヤも片減りしていたので交換して納車となりました。フロントが重い上にキャンバーつきすぎているんですよね。でもそれであのハンドリングのすばらしさがあるので仕方が無いのでしょうけど。
 
SZの部品はまだ何とかなります。SZ専用品のウォーターポンプなども加工品が出回っていますので、まだまだ現役で走り回る事が可能です。
 
タイベル関係と、プロペラシャフトの部品は当方で在庫しています。
 
乗り続けるためのご協力が出来たらと思います。いつもありがとうございます。

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

マセラテイのガソリン漏れ

年が明けて急ピッチで、仕事を進めています。意外と今年は、年頭から壊れた車が多かったですね。

 
去年からお預かりしていた、マセラテイのグランスポーツですが、部品が海外から届いたので作業しました。
 
Masegs01
 
 
室内がガソリン臭いと言う事で、ガソリンタンクを点検してみました。鏡で上部を点検してみると、ガソリンが漏れていたのでポンプの交換が必要です。
 
 
Masegs02
 
 
アルミ製のガソリンタンクです。ホースがプラスチック製で取り外すのが大変でかなり苦労しました。
案の定、ポンプのフィッティングに亀裂があるみたいです。イタリア車やフランス車では、酔うある事例ですが、高級車なんでもう少し何とかならないでしょうか?しかも2個とも駄目でした。 
 
Masegs03
 
 
 
タンク自体はアルミ製なんでしっかりした物です。背中にしょっているので、何かあったら怖いですよね。アルファロメオ何かでは見慣れた写真ですよね。 
 
Masegs04
 
 
左右バンクでそれぞれポンプがついているのですが、何故か同じ物ではありません。値段も多少違います。
 
エンジンチェックランプも点灯していたので、点検するとIG不良がありました。お客さんの希望でコイルも全部交換当然スパークプラグも。 
 
完成後試運転してみると、びっくりするほど変わりました。調子良いです。寒いのでタイヤが硬いという事もありますが、すぐにタイヤが空転してしまいます。ファーストアイドルも落ち着いて、ハンチングしていた以前とは段違いによくなっています。臭い以外にも燃圧もおちていたんですね。
 
いつもご利用ありがとうございます。休み中乗れなかった分これからどんどん乗ってください。

| | コメント (0)

2018年1月 6日 (土)

2018年スタート

明けましておめでとうございます。(遅くなりましたが、、、)

さて、始まって、2日目ですが、ハードスケジュールです。
そもそも、昨年からの宿題(預かり)があり、それらを片付けないとなりません。
 
年末ぎりぎりに加工屋さんから上がってきたヘッド。年末バルブを組んだのですが、そこで時間切れ。年始にやろうと意気込んだものも、休み明けに海外からの部品がきてそちらの部品の組み付けをしないと、車が貯まるいっぽうなんで。一旦、他の車へ。
 
その修理中のヘッド。タペット調整、アウターシムの車なんでシムが足りるかな~?
バルブもバルブシートも結構荒れていたので、加工後は寸法違うだろうし、ちょっと難儀。 
 
 
20180106
 
 
ミッションの修理3台、エンジン脱着タイベル交換の車もあります。業者さんから頼まれている不動車もそのうち来てしまうだろうし、頑張らなくては!!重整備と並行して車検も入庫しているので全開でやらないと、、、。
 
4Cも車検です。j発売からもう3年経ったんですね。
 
ちょっとドタバタしていますがすぐ落ち着かせるつもりですので、何かご用命がありましたら、早めの連絡をお願いします。

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »