« 2月も終盤 | トップページ | 10,000KM »

2018年2月28日 (水)

ディーゼルスモーク

Delta01

 
 
新旧デルタが並びました。時代の流れを感じさせると言うか進化と言うより違う車にしか思えません。ただ、新型は内装が革張りだったりしてさすがランチアという感じです。古いほうが異色なのかもしれません。
さて本題ですが、新型の方の作業依頼ですがインジェクションの清掃を頼まれました。このお車、1600のディーゼルターボなんです。
 
Delta02
 
 
まずは、燃料タンクにスモークストップを注入。本当でしたら、燃料ラインの途中からガソリン車のカーボンクリーンみたいな洗浄がしたいのですがディーゼルエンジンは燃料ラインにエアーが入るとエンジンがかからなくなったりしますので、簡易的ですがタンクに注入タイプでいきます。 
 
Delta03
 
 
次にウルト製のDPFクリーナーの注入です。DPFとは簡単に言うと黒煙を浄化させる触媒です。本来熱で焼ききるのですが、洗浄剤を直接噴霧する事によって汚れ落ちを促進させる物です。
 
DPFの前に触媒がついていますが、その為のO2センサーが付いていますがそれを外して注入しました。本来は触媒後のDPFの温度センサーや圧力センサーを外して注入したい所ですが、角度が良くなく今回はこちらからやりました。 
 
テスターで再生です。走行中自動でもやるのですが、条件が合わなかったりしますしテスターでやるとより良い状態で再生(清掃)出来ます。
 
Delta04  
 
 
もの凄い煙です。しかも工場内で、、、。火災探知機が鳴らなくて良かった!! 
 
 
以前施行したお客様によるとレスポンスが良くなり気持ちよく走れるようになったと報告がありました。 
 
オイル交換も依頼されました。DPF取り付き車にはそれ様の専用オイルで無いといけません。ディーゼルオイルだからと言って使ってもらっては困ります。リンが入るとDPFが駄目になります。ブローバイによってオイルの不純物がDPFを壊します。
 
今回はユニルオパールのフチューラを使わせて頂きました。ルノーディーゼル対応のエクストラも在庫しています。
 
国産車もディーゼル車が増えてきて対応の国産オイルも増えてきましたが、ヨーロッパのオイル規格と違うのでやっぱり使えない気がします。そこら辺が難しいのですが、逆にヨーロッパの規格の方は国産車にも使えそうな気がします。
 
ディーゼル車、増えてきましたが黒煙の問題は色々出てくると思います。常に良い排気の状態で走れるようにしていかなくては環境によくありませんので気をつけてください。
 
ちなみに街乗りだけしか使わない方、買い物車としてディーゼル車を使っている方、お車を乗り換えるのをお勧めします。過激な意見かもしれませんが、あのマツダでさえエンジンが調子悪くなりエンジンの載せ替えなんて事が頻繁にあります。本来そういう使い方には適していません。

|

« 2月も終盤 | トップページ | 10,000KM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月も終盤 | トップページ | 10,000KM »