« ルノーのミッション降ろし | トップページ | タペット調整 »

2018年4月 2日 (月)

エアコンの季節ですね

2週間前は、雪が降ってとっても寒い日があったのですが、今日なんかは半そでシャツでも過ごせる陽気で暑いですね。

そんな雪の降った日に入庫したアルファロメオの147TSですが、車検と共にエアコンの修理を依頼されました。 
 
147ac01
 
 
いきなりバンパーが外れている写真ですが、ガスモレがあり、こういう状況になっていました。
 
 
147ac02
 
 
エアコンの高圧ホースがカシメの所からガスモレを起こしていました。 
 
構造上仕方が無いのかもしれませんが、ちょっとホースに負担のかかる曲がりがあります。それでカシメに負担がかかって漏れたのでしょう。 
 
ホースを交換する前もガスを大気開放せず、(これ大事環境に良くないので)機械で回収。
ガスの充填も機械でやりました。
 
 
147ac04
 
 
機械で充填するメリットとして規定量をきっちり測って入れます。缶だと200g単位で途中で重点やめてもおおよそなりょうとなってしまいます。 
 
 
147ac03
 
 
147TSの場合550gです。少なくても入れすぎても効きが悪くなります。 
 
また、機械で充填すると機械に付いているフィルターを通すことになり、余計な水分や不純物を取り除いた綺麗なガスを充填する事になります。
 
今回は修理と言う事で機械を使いましたが、単にガスの入れ替えや補充でも効果はあります。
 
エアコン使う季節となりました。機械でのガスのリフレッシュお受けしています。気になる方は連絡ください。
 
アルファロメオ、4C,ジュリア、FIAT500X,12年以降のパンダ、マイチェン後のFIAT500はエアコンガスが違う為当店では対応できません。ご了承を。

|

« ルノーのミッション降ろし | トップページ | タペット調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルノーのミッション降ろし | トップページ | タペット調整 »