« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月27日 (水)

中古の電装品

アルファロメオの156のV6.以前入庫した時に電動ファンの振動を指摘しました。

 
今回他の作業と共にお客様の持込でラジエターファンの交換をやりました。 
 
新品だとかなり高額で完全に壊れているわけでは無かったので、無理には交換をお勧めしなかったので、コストを優先でお客様が部品を持ち込みました。 
 
 
156fan01
 
 
V6と言う事もありエンジンルームに余裕が無くかなりの物を外さなければ交換できません。 
 
残念な事に持ち込まれた部品はあまり良くなく、ガタがありました。それでも片側は何とか使えそうなんで、もう片方を当方の在庫のGTV用のファンから部品取りして使いました。 
 
 
156fan02
 
 
計6個のファンからよい物を選別して使いました。 
 
電装品、特にモーター関係はやっぱり経年劣化があります。確かに新品で高額なので、中古部品を使う気持ちもわかりますし、車輌によっては生産中止や欠品と言うこともあります。
 
中古部品を購入するにはオークションと言う方法もありますが、保障と言うまではいかなくとも、返品の出来る相手から入手する事をお勧めします。 
 
当方でも取引先の中古部品屋さんから購入する事も多々あります。相手がみえると言うか話の出来る相手でないと購入はしません。そうするとやはり、多少高くなる場合もありますが工賃のことも有りますので、2度手間だけは避けたいですよね。
 
 
この所、イタ車系の純正部品が2割ほど高くなりました。社外品や中古部品も活用していかないと車を維持できなくなってしまう場合もあります。お力になれる場合もありますのでご相談ください。

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

いろいろやっています。

一応、当工場はイタリア車フランス車をメインにやっていますが、乗り換えてしまった方とかも以前のなじみでドイツ車とかでもメンテしています。

 
ポルシェ911 type964。
 
 
Por01
 
 
オイル漏れの修理とタペット調整。
 
 
Por02
 
 
たまにこういう整備をやると気合が入ります。
 
964はメンテナンスが911の中ではやりやすいですね。 
 
Por03
 
 
こちらは、車検のケイマン。2007年だったっけな?
 
OBD以降のテスターは対応していますので、サービスインターバルなんかもリセットできます。 
 
イタフラ車ばかりだと飽きるのでたまにはこんなのもやっています。
アルファからBMWに乗り換えた方も何人か面倒見ています。
 

| | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

デュアロジのクラッチ不良

ランチアムーザの車検とセミATの修理をさせていただきました。

すいません、車の写真を取り忘れました。 
 
オートモードで変速しないと言う事なんですが、その前にブレーキランプが点きっ放し。
 
Muzacl03
 
 
イタ車では良く見るブレーキスイッチです。アルファロメオでも使っています。 
 
お預かりする前に ブレーキランプが点きっ放しと伺っていたのですぐさま交換。 
 
想像通り、変速するようになりました。
 
マニュアルモードで手動でレバーを動かしてシフトすると変速していて、ちょっとの間お客様はそれで乗っていらっしゃいました。パドルシフトがあればそれでも良いでしょうが、フロアにあるシフトレバーで動かすのは面倒で、何のためのセミATでしょうかと言う感じです。
 
当然、設計プログラムの中にブレーキを踏みながらシフトアップと言うことはありえません。ブレーキを踏んだと言う事は速度を落とすと言う事なんで。
 
スイッチ交換でお返しと思ったのですが、長めの試運転後テスターをかけて診断すると,エラーがありました。 
 
 Muzacl01
 
 
クラッチの機械的エラー。 
 
これ難しく考えてしまうと、デュアロジックのエラーと考えてしまういますが、単純にクラッチが駄目です。
 
こちらもよくある事です。
 
 
と言う事で早速ミッションを脱着してクラッチを外しました。
 
 
Muzacl02
 
 
レリーズベアリングの当たるところが磨耗して折れかけています。 
 
デュアロジックのECUがクラッチのストロークを測るときにストロークが変わってしまってエラーとなるのでしょう。
 
ここまでなると、クラッチが切れなくなり動かなくなる寸前でしたね。 
 
Muzacl04
 
 
クラッチのオーバーホールと共にデュアロジックを立っちゃ句したのでタンクの清掃とオイルの入れ替えもやりました。今回は2度抜きです。写真は汚れたままのオイルです。
 
セミATはなかなか機械的に弱ってきても症状が出にくかったりします。早めの修理とメンテを心がけましょう。 
 
デュアロジオイルの交換はお勧めです。すぐに汚れますので、圧力低下や故障の原因になります。

| | コメント (0)

2018年6月 9日 (土)

アルピーヌ

 
 
アルピーヌ。並行輸入車が日本に入ってきています。
ディーラーさんも来月あたり限定車の抽選の内容を発表するみたいです。
 
なんか良さそう!!
豪華仕様の限定車やレジャンドより、スポーティーのピュアエディションの方が良いかな??
簡素化装備で軽量化されてて安ければ、、、。
フロントのボンネット内に荷物が置けるとかの実用性もあるし良いではないかい。
 
何か気になって、ビデオ探したら上記のビデオ。音も良い!!!
何故か250馬力。新型メガーヌは基本同じエンジンで280馬力。ブースト上げればアルピーヌも300馬力位はいくでしょう。
 
4Cと違ってパワステ付いているので普段使いもできそうだし、カーボンだと補修が効かないけどボデー廻りは多分プラスチック系の素材だと思うので気兼ねなく使えそう。
 
欲しい1台ですね。

| | コメント (2)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »