« クランクプーリー | トップページ | アルピーヌの生産工程 »

2018年7月30日 (月)

シフトブッシュ交換

アルファロメオ155の入庫がありました。 

 
基本はオルタネーターからの異音です。リビルと品に交換です。 
 
Shft01
 
 
画像が悪くてすいません。
同時に依頼で、ギアシフトがひっかかる様にになったと言う事です。155TSはシフトレバーからミッションまではリンケージでつないでいます。 
 
Shft02
 
 
今回はオルタネーターも交換なのですでにまふらーフロントパイプやドライブシャフトは外れているので多少楽です。 
 
Shft03
 
 
外れました。すでにブッシュは無くなっており横にあるブッシュを入れるわけです。 
 
ここで豆知識。80年代後半に勤めていた会社がアウトビアンキを輸入していました。ランチアの別会社と言うかブランドです。A112と言う車があって、アバルトバージョンがもの凄く人気があり売れてました。その車も良くブッシュが抜けたんですよ。
で、同じなんですよ。部品が。155の最終が96年なんで年式には開きがあるんですが。
一時期欠品してウレタンで造ったりもしましたが、今でもディーラーから新品部品が買えます。終わり
 
Shft04_1
 
 
入れるとこんな感じ
 
 
Shft05  
 
 
他のリンケージもつけて車輌に組み込みます。 
 
そのリンケージの支点がステアリングラックに付いているロッドなんでやり難いやり難い。
 
実は結構駄目になるブッシュですがストロークが多くなるだけで走れたりします。なので気が付かない人が殆どです。だから依頼がなければ気が付いてもスルーします。
 
シフトするときカラカラと金属音がするのはここのブッシュが駄目です。 
 
気になる方はご依頼ください。

|

« クランクプーリー | トップページ | アルピーヌの生産工程 »

コメント

暑中お見舞い申し上げます。私も89年式のY10fireに乗ってた時、常磐道の橋の上で抜けました。朝の早い時間帯でしかも茨城への出張途中だったので、JAFレッカーに関東鉄道の最寄り駅まで送ってもらいました!

投稿: かつお | 2018年8月 2日 (木) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クランクプーリー | トップページ | アルピーヌの生産工程 »