« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月 4日 (火)

ハブベアリング交換

ランチアテーマのハブベアリングの交換をやらせてもらいました。 

 
車輌の写真撮り忘れましたので部品の写真だけです。 
 
ハブベアリングって点検時にガタをみるのが通常の整備です。ガタが無くても交換する場合もあります。 音です。走行時ガーとかグーとか音がしたらハブベアリングが駄目な可能性は多いです。まれにタイヤ自体から音が出ている場合もあります。多少の音で4輪のどこが悪いか判断するには安全な場所で60KM/H位でスラロームします。右に切った時に音が大きくなる場合は、左が駄目で、逆は逆です。前後の判断は聞き分けて判断します。
 
今回はうるさすぎて判断できませんでした。なので4輪交換となりました。年数もたっているのでいか仕方ないとは思います。
 
 
Hubbearing01
 
 
リアです。もうブレーキは外れています。 
 
Hubbearing02
 
 
外したベアリングです。と言ってもハブASSYです。しかも裏側にABSのセンサーが読み取る溝がついています。
 
リアハブには、金属製のキャップが付いています。今回片側ありませんでした。反対側は、、、、、、。外すとき錆でもげました。水の混入によってベアリングが駄目になった可能性大ですね。
 
Hubbearing03
 
フロントは、ハブを外してプレスでベアリングを抜きます。 
ちょっと面倒です。大体壊れてハブ側にベアリングレースガ残ります。それをサンダーとたがねを使って外します。 
 
 
Hubbearing04  
 
 
 ナックルから外すとこうなります。
 
再度プレスを使って圧入します。 
 
FF車の殆どが密閉式のボールベアリングなので殆どメンテナンスが必要ありません。昔のFR車のフトントはテーパーローラーベアリングを使っていてグリスを交換したりするメンテナンスが必要でした。メンテの面では楽になりましたが重要な部品なので常に点検が必要です。
 
気になる方は問い合わせください。
 
それと一点。社外のアルミホイールなんかに変えている方でセンターキャップつけていない方いますよね。一応防水はされていますが水が入る確立が高いです。気をつけましょう。

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

1400のイプシロンも

昨日と同じ内容ですいません。 

 
以前、2006年のイプシロンもエアーボックスを付けました。1400CCのエンジンです。 
 
Aiebox04
 
 
エアーボックス自体は工場に転がっていた、中古品なのでちょっと汚れていますが、、、、。 
 
実はこの車、チューニンングする為に付けたのではありません。以前から3気筒になってしまい、原因を探求するとIGコイルが壊れていました。火が飛ぶとか飛ばないとかで無く、折れてしまいました。すいませんコイルの写真撮り忘れました。 
 
実は元々、純正のエアークリナーボックスが良くなく取り付け部が折れます。
 
そのままにしておくとエアークリナーケースが下がってコイルに乗っかりコイルを壊します。 
 
外した、エアークリーナーケースです。 
 
Airbox05
 
見事に割れていますよね。これではえあーくりーなーも通さずダイレクトに吸気が入ってしまいます。また、破片がエンジンに吸い込まれていたかもしれません。
 
 
純正のエアークリーナーケースをつけても又同じ事が起こる可能性もあります。で、値段的にも同じくらいでモディファイできます。
 
こんな修理の仕方もあります。

| | コメント (0)

2018年9月 1日 (土)

TwinAir用エアーボックス

FIATやランチアのTwinAirエンジン。意外と元気に走りますが、モディファイやチューニングをしようとすると中々パーツがありません。マフラーもエンドは元々、ストレートなので、センターを含めた物しかありません。

 
エアークリーナーを変えようかなと考えた時、純正形状の物はありますが、エアーボックスを付けようとするとありません。
 
今回、ちょっとアバルト用を流用して作ってみました。
 
 
Airbox01
 
 
車は、イプシロンですが、FIAT系も取り付けは出来ると思います。
 
 
Airbox02
 
 
BMCのオーバルタイプのエアーボックスです。エンジンが2気筒で小さいので隠れてしまっていますね。 
 
Airbox03
 
 
部品の販売と言うより、取り付け込みで考えています。現在エアーボックスの入手が遅れていて2台分しかありません。
 
工賃込みで48600円(税別45000円)で販売取り付けをやります。
 
興味がある方はご連絡ください。
 

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »