« ハブベアリング交換 | トップページ | クアトロポルテのクラッチ交換 »

2018年10月 2日 (火)

ケイマンも

GTVからケイマンにお乗換えのお客様のモディファイをやりました。 

 
 
 
Cayman03
 
 
ドイツ車で赤は珍しいですよね。 
 
サーキット走行がお好きな方なので、サスペンションの交換とブレーキの交換をやりました。 
 
Cayman01
 
 
サスペンションは色々悩みましたが、結局スピリットと言うオーダーメイドが得意な製品にしました。普通の正立、スチールケースです。
 
ケイマンは4輪ともストラットです。なのでアライメント変化もあり、1G(着地したとき)の調整が重要です。他のメーカーでは倒立式やアルミケースなどの魅力的なスペックもあります。ただ、スペック重視で車高やアライメント調整の幅が少なかったり、アルミケースで耐久性が無かったり色々良し悪しがあります。今回、スピリットの足廻りは無難で車高の調整幅も多く色色な調整が試せます。サーキットベースなので14、16KGと言うハードなスプリングをチョイスしたのに乗り心地も悪くなくサスが動いているのがわかりやすいショックです。お客様の好みもありスプリングはお決まりのハイパコ。何度も使っていますが性能が安定してます。 
 
フロントブレーキローターはPFCさん。リアローターはDIXCELさん。前後ブレーキパッドはPFCのレース用。それにブレーキホースも交換してばっちりです。 
 
 
Cayman02   
 
 
すでにステアリングホイールやGTウイングは装着済みです。
次回入庫時にシート交換と4点式シートベルト装着です。
FF駆動からミッドシップ。お客様は不安に思っていますが、止まる曲がるの性能を上げ、リスクを少なくしていますので、良いフィーリングで走れると思います。

|

« ハブベアリング交換 | トップページ | クアトロポルテのクラッチ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハブベアリング交換 | トップページ | クアトロポルテのクラッチ交換 »