« クアトロポルテのクラッチ交換 | トップページ | デュアロジもお年頃 »

2018年10月15日 (月)

配線との格闘

Punto04

 
 
ちょっと前ですが、グランドプントの不動車が入ってきました。ファイスブックをご覧の方は重複してすいません。セルモーターは廻りますがエンジンがかかりません。
 
イモビが作動していないようです。 
 
Punto05_2
 
 
何かいっぱいエラーが入っています。 
 
 
イモビと言うことですが、鍵が壊れたと言う事ではなく何か通信系のトラブルみたいなので配線チェックをします。 
 
Punto06
 
 
とりあえずボデーECUを外して接触不良のチェックです。奥にあって中々出てきません。 
 
配線チェックといっても導通があるとか無いとかではなくパルス信号のチェックです。CANラインと言って通信線があり1本の配線で何個かの情報を得ています。電話線みたいな物です。
 
Punto07
 
 
ボデーECUの配線を再接続し、配線図とにらめっこ。
残念ながら配線図が年式違いだったみたいで使い物にならず再度、配線図を取り寄せ点検。長く生産されていた車は途中で大きく変わる事もあるみたいで注意が必要ですね。
配線図が違っていた為、難しく考えていましたが、正規の配線図とにらめっこしたら、原因が解りました。
CANラインの途中で断線。1本の配線の不良で全てが駄目になりECUが全て同期出来ず、エンジンがかからなくなりました。
 
こういう作業はじかんがかかり、根気が要ります。 
 
でも治って良かった。 

|

« クアトロポルテのクラッチ交換 | トップページ | デュアロジもお年頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クアトロポルテのクラッチ交換 | トップページ | デュアロジもお年頃 »