« デュアロジもお年頃 | トップページ | 159セレスピードトラブル »

2018年11月17日 (土)

ハブベアリング交換

ランチアデルタのフロントから曲がり角で異音と言うことで預かりました。

 
Delta05
 
 
 
試運転後、リフトアップしてみると右前のハブにガタがありました。
お客様と相談後4輪ともベアリングの交換を依頼されました。 
 
Delta07
 
 
ナックルを外してベアリングを抜くのですが車上では出来ません。 
 
Delta06
 
 
プレスを使って圧入されているものを抜きます。 
 
ナックルの形が平ではないのであて板等を使って真っすぐ抜きます。 
 
Delta08
 
 
ベアリング自体はバラバラになってしまいます。
 
実はばらしてみて気がついたのですが、音の出ていた場所のベアリングのガタ、ベアリングが減っていたのではなくハブ自体が減っていました。ベアリングのインナーレースがハブに圧人されているので普通は減るなんて事考えにくいのですが、何故でしょう?上の写真の右上の部品の真ん中のシャフトが減っていたと言う事です。
 
 
何はともあれ部品の入手ができて良かったです。 
 
ちなみにハブにガタがあるとブレーキローターが触れてブレーキのキャリパーのピストンを戻してしまい、ブレーキが効かなくなる原因にもなります。 
 
いつもご利用ありがとうございます。

|

« デュアロジもお年頃 | トップページ | 159セレスピードトラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デュアロジもお年頃 | トップページ | 159セレスピードトラブル »