« ステルビオもリモコンで | トップページ | イプシロンのクラッチ交換 »

2019年3月18日 (月)

スタータートラブル

アルファロメオの156TSが、レッカーで運ばれて着ました。スターターが廻らないと言う事です。

 
 
156st01
 
 
たまたまいたお客さんとかレッカーの人とかに手伝ってもらって駐車場に押して入れました。
 
イグニッションキーをひねってもうんともすんともいいません。一応バッテリー端子を点検緩みは無かったのですが、気になった事が、、、、、。 
 
 
 
156st03  
 
外した後の写真ですいません。バッテリー端子自体は緩んでいなかったのですが、端子と配線のカシメが焼けています。配線自体も硬くなっていて電気の流れが悪そうな感じで原因はこれでした。こじってみたらスターター廻りました。 
 
 
ということで、配線交換。純正は無かったんで製作。外すののは結構大変で、フロントパイプ等を外した後、一緒にまjかれているほかの配線も外しての交換となります。
ちょっと太目の配線で作り直しました。 
 
 
156st02
 
 
スターターの配線って実は直列でオルタネーターにもつながっているんです。他の車も殆どそうです。だからスターターのトラブルだけではなくオルタネーターの充電系トラブルも引き起こします。
 
年月も経てばこういうトラブルもありますね。

|

« ステルビオもリモコンで | トップページ | イプシロンのクラッチ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ステルビオもリモコンで | トップページ | イプシロンのクラッチ交換 »