« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月23日 (金)

パンク

以前のブログでジュリアのタイヤを交換したと書き後日インプレッションを報告すると書きましたので、報告します。ヨコハマタイヤ好きの私が選んだのは、AVDAN SPORTSV105です。走行音も静かになり、雨の日も安心して走れます。純正ピレリと比べ、ハンドルのレスポンスは落ちたものの、縦方向のグリップがもの凄く良く、安心してアクセルを踏めるようになりました。マッチングは良いと思います。

さて、最近タイヤのパンクが増えてきた??またもやレッカーで運ばれて来ました。エアーが抜けて走ってしまった為、サイドウォールが擦れてギタギタに。

 

Tyre11

 

交換してまだ、3ヶ月です。パンクで異常を感じてすぐ止めたそうですが、こんな状態では再使用できません。実際に擦れた所が亀裂が入ってエアーが漏れています。 

 

ところで、前回乗り心地が良くなる様にとミシュランを選択しました。ちょっと前のマセラッテイ3200GTのパンクの時もそうでしたが、ミシュランサイドウォールが柔らかいんです。だから乗り心地が良いんです。今回はプレマシー、前回はパイロットスポーツ。

ミシュランは全体的にサイドウォールが柔らかくパンクするとこんな感じになってしまうみたいです。今回はサイドウォールをどこかに引っ掛けたみたいで傷があってパンクしたみたいですから、どちらにしろ再利用出来ません。タイヤ空気圧センサーが付いている車だったら良かったんですけどね!! 

Tyre13

 

タイヤ交換をやった後、ホイールバランスを取るわけですが、上記の様に、黒いウエイト入荷しました。

 

Tyre12

 

黒いホイールなんで、目立たぬように黒のウエイトにしてみました。

 

Tyre14

 

ちょっとシャッター光で光ってしまったので解りにくいのですが内側外側とも黒です。車に付いた状態だと目立ちません。

 

タイヤの空気圧、気をつけましょう。

 

 

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

MQP8エアコン修理

Mqp802

マセラッテイの2008年式のクアトロポルテのエアコン修理させていただきました。 

冷えないです。ガスの圧力と量、色々試してみたのですが安定しない上に圧が上がらない時があり、悩みました。低圧の圧力を下げたかったのでエキスパンションバルブを取り寄せました。パーツリストみながら作業したのですが、結局途中断念。名かな厳しい場所にあって今回は見送りました。ダッシュボード外さないと取れそうにありません。なんて構造だ!!

Mqp804

 

リフトアップして、コンプレッサーの交換をしました。

 

Mqp803

 

実はこのお車、7年前にもリビルト品へ交換しているんです。

 

だたら、悩ませられたんですけど、弱いですね。デルファイ製なんで強度もないのでしょうけど、コンプレッサーの制御で圧力を制御していないみたいで、強度的に耐えられないのでしょうか?リビルト屋さんも壊れ方が半端でないと言っています。

4ドアセダンとは言え、フェラーリ製エンジンなんで8000回転近く回ります。

ミッションもセミATなんで回転高めに保持して走る方も多いでしょう。壊れますよね。せめて日本のサンデン製だったらもう少し強度あったと思います。

ただ、壊れるの嫌がって回さないのもこの車の意味が無いので仕方が無いですね。 

 

Mqp801 

 

リキッドタンク、ポーレンフィルター、ヒーターバルブも合わせて交換させて頂きました。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »