« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月24日 (火)

今年は電装品に厳しかった

毎年、そうなんですけど夏場にオルタネーターやエアコンのコンプレッサーの交換が多くなります。今年は特に異常気象が激しく、車には厳しかったみたいで、多くの数 交換させて頂きました。元々、10年以上経った車の入庫が殆どなんで、季節と言うより使用頻度の多さが原因かもしれませんが。

 

156olta01

 

アルファロメオの156GTAの不動車が入ってきました。走行中、調子が悪くなり最後はスターターも廻らないと言うことだったので、レッカーで入庫後、電圧電流を調べると、オルタネーターがやはり発電していませんでした。しかし、おかしな話で、チャージランプ点かないですよ。アルファロメオはちょっと肝心なとこ駄目ですね.何の為のチャージランプか?ま、オルタネーターのベルトが切れてチャージしない時は点きますが。今回はお客様の電話で、ABS関係のランプがついてエンジンが調子悪くなったと言うことで想像で来ましたが。

 

156olta03

 

この時代のアルファロメオはオルタネーター、エンジンの奥に付いているんですよね。ネジは外せるけど、物が出てこないと言う状況です。

なので、サブメンバーを外して取り出さなくてはいけず、結構な大作業となります。

 

156olta04

そのもの修理では時間もかかるし、作業場所も空かないのでリビルと品に交換です。

 

この車の他にもオルタネーター交換、コンプレッサー交換多かったです。

 

消耗部品として考えて、年数や距離で交換したいのですが、コストを考えるとちょっと難しいのかもしれませんね。

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

中華ナビにヤフーナビをインストール

足車のルーテシアにアンドロイドナビを付けてみました。いわゆる中華ナビです。基本、携帯電話が大きくなったのと一緒でアンドロイドのパッドですね。

Dsc_0031

オリジナルがこれです。日本国内ではナビが使えません。ラジオとUSBで音楽を聞くだけのものです。

Dsc_0153

いきなり夜の画面ですいません。

10.1インチで大きいです。逆に違和感!!

いわゆるipadのアンドロイド版です。これにヤフーナビをインストールしました。

画面が大きいせいなのか、ヤフーも進化したような気がします。

携帯電話でデザリングしているので、通信が気になりますが、高いナビを買わなくて済む事を考えると微々たる元々です。

サーキットGPSタイマーをインストールして楽しむのも良し、OBDモニターを使ってエンジンの水温やO2センサーの状体を知るのも良いでしょう。

送料込で4万位。

運転中の携帯電話の罰則が、厳しくなるので携帯ナビは気をつけないといけません。

中華ナビにヤフーナビの組み合わせ、実に良いですね。

昨日アップした画像が駄目駄目なんで、再度更新。

 

Navi01

 

Navi02

 

ヤフーナビは、一度走った所なら、地図自体は残っているのでオフラインでも使えました。

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

ランチアの入庫が多いな!!

ちょっと面倒な車の修理が終わり、少し楽になったような気がしたのですが、又レッカー入庫が。

 

最近、ちょっと古めの車の入庫が多くなってきました。90年代、アルファで言うと164や155やランチアで言うデルタやテーマ。

 

特にランチアが手離れ悪くなってしまっています。部品の入手が難しいのが多く時間がかかってしまったりします。勿論すんなりいくのもあります。

Ndel01

 

並行輸入車のデルタです。

 

異音の修理ですがマウントが駄目でした。

 

Ndel02

 

マウント2点とトルクロッドを交換させて頂きました。一応ドライブシャフトもガタがありグリスを硬い物に交換もしてあります。

 

Ndel03

 

トルクロッド切れていますね。エンジンとミッションが動いています。

最近の車はマウント柔らかめなんで経たるのも早いですね。

Lanciaday01

 

ま、ランチアのお客様も頑張って乗り続けてくださっているのでこちらとしても嬉しい事です。ただ、ランチア、とてつもない車や、変な車作るの好きみたいですね。普通に作っていれば長く売れてくれると思うのです。イプシロンのように。ニューデルタやテージスは当時先進の技術を使ってあだとなり短命に終わってしまったので。

 

どうやら、時期イプシロンも開発するみたいなんで伝統の継承は続くみたいで良かったです。

 

 

| | コメント (1)

2019年9月 2日 (月)

エンジンマネージメントECUトラブル

アルファロメオ156GTAがレッカーにて運ばれて来ました。

 

一応動画撮ってみましたが、音がうまく入らず、しかも声も聞き取りにくい状態でしたので説明文入れます。

エンジン不動という事で、セルモーターは回ります。イモビランプが点灯してECUのエラーランプが点滅しています。

この症状はエンジンマネージメントECUが駄目です。スロットルが開いたりしまったりしています。

なので、スロトルの配線を外すとバグがなくなりエンジンがかかります。スロットルは電子制御の為走る事は出来ませんが、ちょっとした移動は出来ます。

イモビランプが点灯しているので一見、イモビのトラブルのように思えますが、エンジンECUが駄目で、コミュニケーションが出来ず、イモビランプが点灯しているわけです。スロットルの配線外した後の始動でランプが消えています。

実はECUが駄目になるトラブル多いのです。しかも新品は生産中止。困ったものです。

ECUの回路の設計がが悪く、スロットル系の電源の取り方が良くなく壊れているみたいです。基盤が焼けてしまっているみたいでこのECUの修理は大体出来ません。

中古品が、運よくみつかり、イモビとともに交換して納車となりました。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »