« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月20日 (月)

競技用エンジンマウント強化剤を使ってみた

最近、欠品や生産中止の部品が増えてきてちょっと困っています。

アルファりメオの147や156、GTV,155等々、エンジンマウントが生産中止で変なビビリ音や、アームやロアバーに接触するなんてこともまれにあります。

かなり前に一度試したことはあったのですが、マウントの隙間に樹脂系の溶剤を流し込み固めてしまうなんてものがあります。ただ、やはり当時は競技用には良かったのですが、変なビビリ音がでたりしてちょっと街乗りでは気になるなと思い、殆ど施行しなかったのですが、欠品なんでちょっとテストしてみようと施行しました。

足車の147TSに施行しました。

Egmt01

147はエンジンマウント2個、ミッションマウント1個、トルクロッド1本で支持されています。

競技用では無いのでとりあえず、1箇所やってみる事に。

Egmt02

へ経った状態で寸法を測ります。

でとっとと外します。

 

Egmt03

外しただけではへたった位置なんで。

Egmt06

冶具を作ってち締めます。

溶剤を流し込み固まるまで待ちます。24時間位たたないと駄目でした。

Egmt04

結構手間のかかる作業です。

Egmt05

マウントが1CM位ちじんだのでエンジン位置が上がっていると思います。

走ってみてやっぱりちょっと振動は多くなったかな??位で不快な感じはありませんでした。以前施行した時は硬度の選択は無かったのですが、

今回は、硬度が選べたので柔らかめのもので施行したのが良かったのでしょう。エンジンのレスポンスが良くなった感じのダイレクト感がでて気持ち良く走れるようになりました。ただこれを3箇所ともやってしまうと、ダイレクトすぎて振動が出て街乗りにはむかないでしょう。

後は耐久性ですね。今後様子をみて報告したいと思います。

こういう方法もあると言うご提案です。

 

 

 

| | コメント (1)

2020年4月16日 (木)

4月16日工場風景

あんまりブログをサボっていると申し訳ないので、今日の工場の風景でも書きます。

20200416factory

コロナの影響もあり入庫は少ないです。ただ、休むわけにはいかないので営業しています。今後の状況は世の中の状況によって決まります。

 

Tyre15

点検とタイヤ交換の依頼を頂きました。リアタイヤですが山が無く、使い切った状態ですね。

 

Tyre015

 

フロントタイヤは内減りでちょっと変磨耗しています。

 

Tyre17

今日は天気も良く、外でホイールを洗いました。本当でしたらホイール外した全車洗いたいのですが、時間が無く納車時に外側を洗うだけになってしまっていますが、タイヤ交換したホイールはなるべく内側も洗うようにしています。

Tyre16

 

マセラティの20インチホイールです。サイズは285/35/20です。

 

Tyre18

チェンジャーを使って外すと太さがわかりますね。

実は、タイヤアチェンジャー2月に入れ替えました。今までは19インチまでしか出来ず、マセラティは外注にて依頼してこうかんしていましたが今は自分の工場で出来ます。24インチまで出来ます。

世の中が中々難しい状況ですが、皆さん頑張りましょう。

ゴールデンウイーク明けには今までのように変わらず全開で仕事できるようになる事を信じて!!

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

ジュリアのリモコン電池

以前ブログでジュリアのリモコン電池交換の記事を書きました

オイル交換で来店のお客様が予備的にもう2回も交換していると言っていたので、一法こういう方法もあると言うことを実証しました。

Dsc_0239_20200409111101

こんな画面が出たらリモコン電池が弱ったと言うシグナルです。

私の車は、半年前に交換済みなんで、テストとして電池を抜きました。

Rimokon02

写真がごちゃごちゃしていてすいません。

 

Rimokon01

 

センターコンソールの肘掛のボックスの蓋を開けると鍵の印があります。

そこに置くだけです。

Rimokon03

電池を抜いてカバーもしていないので見辛いですが、これでエンジンはかかります。

ただそれだけの話なんですが、スマートキーって持ち出して車降りてもエンジンは止まりません。それってどうなの?といつも思います。

わざわざ記事にしましたが、ディスプレイにマークが出てからすぐに始動できなくなるわけではありません。出てから電池交換でも充分間に合います。しかも電池は普通にコンビニで売っています。私もセブンイレブンブランドの電池で交換しました。

 

ただ、それだけのお話でした。

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

アルファロメオ クラッチキャンペーン

Arcluch01

 

アルファロメオの2LのGTの不動車が入庫しました。

不動と言っても、ぎりぎり前進だけ出来たと言うか、バックに入らないと戸言う状態でした。

Arcluch02

 

と言うことで、いつものようにミッション降ろしとなりました。

Arcluch03

 

想像以上に駄目でした。セレスピードと言うセミATなんですが、クラッチが切れなくミッションが、入りません。入れようとするとギア鳴りがしてはじかれる状況です。こんな状況で入庫してきたのでミッション本体も不安でしたが正直、10万KMのお車をミッション開けてまで修理する予算はかけられないだろうとミッションはスルーしました。  

Arcluch05

 

写真が暗かったので見え辛いかもしれませんが外側の光っている所と、内側の光っている所に段差があるの解りますよね。内側はレリーズベアリングと当たっている所で、そこを基点にクラッチプレートを押してクラッチを切ります。 

Arcluch04

 

クラッチ版自体も滑っておかしくない減り方です。

 

Arcluch06

 

レリーズベアリングもこんな状態でベアリング自体が外れてしまっています。

 

最近やはりこのトラブルが多く、ミッション降ろしの作業が増えています。

 

フェイスブックでお伝えしていたのですが、アルファロメオのセレスピードのクラッチのキャンペーンをやります。

2000CCのTSとJTSが対象です。147,156、GTです。

やっぱり、10万KMもたなく油切れもしていて動きが悪く8万KM以下でも壊れています。

TSエンジンは 価格は99000円税込み,JTSエンジンは104500円税込みです。

ミッションオイル、アキュムレーター、セレユニットオーリング、セレオイルが含まれています。

オイルシールや、セレポンプは含まれていません。必要な場合は別途請求になります。

あまりこのタイミングでやるのはどうなの?と思っていましたが問い合わせも何件か来ていたし、部品も入荷するのでやろうかと思います。

ただ、期間では無く限定5台とさせて頂きます。海外からの部品入荷となり限定させていただきます。

10日以降の受付でやります。

7月いっぱいでキャンペーンは終了しました。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »