« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月14日 (金)

夏休みのお勉強(かち割りコンロッド)

08年のポルシェケイマンのエンジンを今オーバーホールするために以前降ろしたエンジンで勉強しているのですが、水冷ポルシェのエンジンの謎多き部分にはまり込んでいます。

Conr01

皆さんエンジンの中の部品なんてあまり見ないでしょうから説明します。

コンロッドの合わせ面がざらざらしているの判ります?

この製法を始めてみたのはランチアテージスの5気等20バルブターボのエンジンをばらした時でした。?????マークが頭の中でめぐり回っていました。折れたの???って。

 

実はこれ折れたのでは無く折ったのです。そういう製法があるんです。正確には破断面コンロッド。しかも氷やガラスのようにかち割るのではなく引きちぎる製法で作られています。

 

Conr02

ネジを締めると断面が判りません。100本のコンロッドがあっても合うのは1本だけしかも向き間違えても合わない。

 

Conr03

Conr04

参考にアルファロメオ145のコンロッド上下バラバラに作ってあわせています。断面が綺麗です。(写真が錆びていてすいません。)ざらざらしたかち割式では横ずれが無く強度が増します。一体成形で造るので軽量化もしやすいし日産、ホンダ、フォルクスワーゲンなんかも使っています。

ただ、まさかポルシェが使っているとは。逆の意味コストダウンできる製法でもあるんで。

Conr05

Conr06

これは、アルファロメオの145のレースカーで使っていた削り出しのコンロッド。加工技術も良いんで合わせ判らないですよね。私はこういう昔風のが好きなんです。実際強度もあるし。

そういえばこれ、156に使うはずだったけど、私のコレクションになってしまったな?鍛造のピストンも何故か2セットあるし、自分でも良く買ったな!!

ポルシェももうちょっとコストかけて作って欲しいな!!サーキット走行するならGT3買えってか!!クランクケースが違うんで強度も全然違うつくりなんでしょうけど。

オーバーホールの予定のお客さんは、削り出しのコンロッド行っちゃうみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

Gセンサー

Qpsbk01

 

昨日と同じ写真からですいません。

 

車検時にチェックランプが点いていると検査に通りません。

けんさをとおすにあたって、テスターでチェックするわけですが、トラクションコントロールとオートサスのチェックランプが消えません。

 

しかも、Dレンジ走っていると3速以上に入らない。パドルシフトがあるのでシフトすると入ります。」お客様は常にパドル操作で気がついていなかったようですが。

診断の結果はヨートレートセンサー不良と言う事です。Gセンサーと言った方が判りやすいですね。

クアトロポルテに関して資料が少なく、パーツリストでもあいまいな位置しかわからず、ネットで調べたがはっきりとした場所が判りません。

 

が、そういえばダッシュボード外したことあったな~~!と言う事で、自分のブログを検索。ありました。

Acflup02 

この写真で助かりました。

で実際は、、、。

Qpg01

Qpg02

 

Gセンサーは車の中心に付けるのがベストとは思いますがもっと外しやすい所に付けて欲しいですね。

 

Qpg03

今回国内に在庫が無く中古品で対応しましたが、実際に過去には交換したことが無いのでたまたま壊れたのでしょうけど、重要な働きをするセンサーなのでヨートレートGセンサー壊れないで欲しいですね。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

クアトロポルテ サイドブレーキ修理

先週ですがマセラティのクアトロポルテの車検をやらせて頂きました。

 

Qpsbk01

全体的な写真撮り忘れました。プラグ交換作業前の写真です。

で、急にリアの方から音がするようになったと言うことで預かりがてら試運転しました。引きずり音というより何かが周期的に当たっている音。試しに走行中サイドブレーキ引いてみたら殆ど音はしなくなりました。

Qpsbk02

サイドブレーキはドラム式です。と言ってもドラムは単品では無く、リアブレーキの内側がドラムの代わりになっています。

構造的には油圧が無いだけのドラムブレーキです。

外して見ました。上の写真ではライニングが偏磨耗しているのが良く判りますよね。実際ローターを外すとライニングが固定されていなく斜めになっています。

Qpsbk03

で、ライニング自体は多少の動きが必要なんでスプリングで止まっているわけですが外れていました。当然両側分2個あるはずが1個しか見当たらない、多分外れて削れて無くなってしまったのでしょう。

 

新品ライニングに交換、スプリングの取り付け、ブレーキローターをペーパーで研磨。無事車検に受かりました。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »