« 500マセ | トップページ | ジュリエッタもリセット時期ですね »

2021年1月26日 (火)

不動からのタイベル交換

96年のマセラッティギブリの修理をやらせて頂きました。

Gibri05

 

12月にタイミングベルトの相談を受け年明けに作業と言う段取りでしたが、年末に不動となり年明け早々レッカーにて入庫となりました。

点火と燃料、調べてみると結果的にたまたま、両方とも問題なし??

一瞬かかりそうになるが続かない。なんとなくセルモーター信号でポンプは動いている感じ。

で、ポンプリレーを直結で動かすと、かかったが、アイドリングしないというか半分動いていないと言う感じ。

そうなると犯人はこれ↓ですね。

Gibri07

ピックアップセンサー。これクランク2個カムシャフト2個4個付いています。

クランク側片側駄目なんですが、クランク側2個交換しました。接触不良と言うかぬせいもありますが、大事を取って交換しました。

と言う事で、タイベル交換、ウオポン交換を済まし、納車となりました。

Gibri06

部品が厳しくなってきましたが、まだまだ現役で走れます。早め早めのメンテナンスで安心して乗ってもらえるようにしていきたいですね。

 

 

|

« 500マセ | トップページ | ジュリエッタもリセット時期ですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 500マセ | トップページ | ジュリエッタもリセット時期ですね »