2019年7月20日 (土)

油没

油没と言う言葉があるかどうかは不明ですが、プラグホールにオイルが漏れて溜まっていました。

155oil01

 

アルファロメオ155の車検をやらさせて頂きました。155のオーナーさんは、長く乗っていただいている方ばかりで助かります。

 

155oil02

プラグを交換しようとしたのですが、、、、、。

 155oil03

155oil04

 

解り辛いかもしれませんが、4番のプラグホールにオイルがびっしり入っています。プラグコードもびっしょりです。プラグがオイルで浸されてしまっています。

 

実はこれよくあることで、タペットのパッキンがへたるとこうなります。タペットカバー自体がひずんでいるのでしょう。

 

普段は見逃す所ですが、車検でしたのでパッキンの交換もやらさせていただきました。

 

ルノー車や、ランチアデルタなんかは、水没しているプラグを良く見ます。一体どこから水入ったの?ってこともあります。

147になって、タペットカバーがプラスチック製になってもオイルが溜まる事があります。しかも4番。

熱の溜まる場所で、パッキンを傷めているのでしょうね。

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

デルタのコンプレッサー修理

ランチアデルタEVOⅡのエアコン修理をやらせて頂きました。25年前のお車なんでガス漏れもあって、毎年夏前にガスの補充をしていました。今年もほじゅうをしたのですが、お預かりして次に日には効きが甘くなってしまいました。

ガス漏れを調べた所、コンプレッサーのシールが駄目みたいでオーバーホールが必要でした。

 

Deltaac02

 

EVOは、純正でエアコンがカタログに載っています。16Vまでは社外品を新車時にイタリアでつけています。コンプレッサーは日本製です。ただ、製造元が倒産?したと言う話でオーバーホールが出来ないと前は言われていました。なので、軽自動車のでも流用するかと思っていました。

電機屋さんに相談した所、オーバーホール出来ると言うことなんで早速修理してもらいました。今回焼きつきも無くケース等が再利用できたので無事戻って来ました。

 

 Deltaac01

 

違うメーカーの物を流用するとステーとかベルトも変えなくてはいけないので今回はボルトONです。

 

ガスも。旧態化したR12から、R134aに替えました。

以前は400gしか入らなかったのですが、圧縮力が高まったせいか700g以上入りました。

効きも抜群に良くなってここの所の雨模様の天気だとエアコン切りたい位冷えます。

その後リレー関係のトラブルがあり、電源が入らなくなりましたが、それも解決したと思います。リレーも25年前の物です。

 

徐々に手を入れてはいたのですが今回は修理の大切さを思い知らされました。25年乗り続けていただいているお車なんでこれからも大切に扱っていきたいと思います。 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

ミッション降ろし月間

なんだか、重整備が続いています。今月は仕事がはかどりません。

ランチアイプシロン、マニュアルミッションですが、クラッチ踏むと異音です。

ディーゼルエンジンなのでクラッチが国内にあるかどうか心配でしたが何とか手に入れられ作業しました。

 

Ypu01

 

すでにミッション降ろした写真ですね。

 

 

Ypu02

 

爪の端が減って円形しています。

Ypu03

ミッションこんな感じでレリーズベアリングの原型無いです。

Ypu04

ボールも吹っ飛んでしまって、音が出て走れない状況がわかります。

Ypu05

外してみるとこんな感じで、クラッチディスクも限界でした。

6万KMなんですが、やっぱり、レリーズベアリング弱いですね。

カングーのAT降ろし、デルタのクラッチ交換、今月はさすがに体力的に辛いですね。

マセのグランスポーツの車検整備もやらなくてはいけませんが、内装のベタベタ取りが先かな!! 

 

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

QUBOのデュアロジトラブル

 

またもや、同じようなデュアロジの記事ですいません。

 

Qubo01_1

 

FIATのカ ンーの対向車種のQUBOです。旧カングー位の大きさです。並行輸入車です。

 Qubo02

不動でレッカーで運ばれてきました。エンジンはかかり、ミッションが入りません。 

デュアロジといってもセレスピードですかね?アバルト系と似てますね。

Qubo03

ディーゼルターボです。

テスターでクラッチのつながりをリセットしても症状は変わりません。なので、ミッション降ろしました。

 

Qubo05

 

レリーズベアリングが壊れてボールが無くなっています。これではストロークが足りませんね。

 

Qubo04

カバー側もダイヤフラムの爪が減ってへなへなです。

 

Qubo07

 

ディスクも丁度良いタイミングの減り方です。

 

Qubo06

 

156や147でよくある本体からのオイル漏れがあり、オーリングを交換して組み付け、テスターでリセット後納車となりました。 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

足車のイプシロンもデュアロジ不良

足車のイプシロン。デュアロジックのミッションなのですが、1ヶ月に1回位、ギアが入らなくなるんです。寒い日の走り始め。
Ipu004
デュアロジオイルを変えたり、アキュームレーターを変えたりしたのですが、結局治っていないみたいで、メカニカルユニットの交換をしました。
Ipu006
これがメカニカルユニットです。何回かオーバーホールをしようと試みたのですが、シールのサイズが特殊だったり、かしめて止めてある為に、細工見つけ後の緩みも考えられ、新品に交換をする事にしています。
Ipu005
ミッションマウントかとかが邪魔するので結構手間がかかります。
Ipu007
ASSYで外して、ソレノイドユニットと分離します。2階立ての構造ですね。 
Ipu008
制御ユニットのなくなったミッションです。セレクターフォークが見えますね。それをメカニカルユニットで動かして変速します。 
デュアロジックは、判断が難しくメカニカルユニットも12万位します。ただ、デュアロジックASSYだと30万位するんですけど、アキュームレーター、ポンプとついてきます。どちらがベストかお車の状態で判断するしかないですね。

| | コメント (0)

2019年3月19日 (火)

イプシロンのクラッチ交換

ランチアイプシロンがクラッチトラブルで入庫してきました。

 
Ipu01
 
クラッチのつながりが悪くミートポイントが安定しません。セミATのデュアロジックです。 
 
距離も走っているので、とりあえずミッション降ろします。 
 
 
Ipu03
 
 
クラッチ減ってましたね。しかもお決まりのカバーの爪(スプリング)の段減り。もうすぐ折れそうです。 
 
Ipu02
 
 
デュアロジックもリビルト品のポンプと交換、アキュムレーターも新品に交換。本当はASSYで交換した方がよいのでしょうけど、価格的に難しくなってきましたから、この状態で乗ってもらいます。基本のクラッチを交換しておかないといくら調整しても安定しません。
 
そろそろFIAT500やパンダなんかもクラッチが減ってきていると思います。 
 
早め早めの交換をお勧めします。

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

スタータートラブル

アルファロメオの156TSが、レッカーで運ばれて着ました。スターターが廻らないと言う事です。

 
 
156st01
 
 
たまたまいたお客さんとかレッカーの人とかに手伝ってもらって駐車場に押して入れました。
 
イグニッションキーをひねってもうんともすんともいいません。一応バッテリー端子を点検緩みは無かったのですが、気になった事が、、、、、。 
 
 
 
156st03  
 
外した後の写真ですいません。バッテリー端子自体は緩んでいなかったのですが、端子と配線のカシメが焼けています。配線自体も硬くなっていて電気の流れが悪そうな感じで原因はこれでした。こじってみたらスターター廻りました。 
 
 
ということで、配線交換。純正は無かったんで製作。外すののは結構大変で、フロントパイプ等を外した後、一緒にまjかれているほかの配線も外しての交換となります。
ちょっと太目の配線で作り直しました。 
 
 
156st02
 
 
スターターの配線って実は直列でオルタネーターにもつながっているんです。他の車も殆どそうです。だからスターターのトラブルだけではなくオルタネーターの充電系トラブルも引き起こします。
 
年月も経てばこういうトラブルもありますね。

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

グランツーリスモ車検でした

マセラティのグランツーリスモの車検やらせて頂きました。 1551797358721.jpg

2回目の車検などでそれほど悪い所は無かったですが,ABSのチェックランプが点いたと言うことなので、センサーを交換することにしました。この車はハブベアリングと一体なので簡単には交換出来ませんし値段もすごく高いです。 ABSのセンサーといっても、エンジンやサスペンションにまで影響しますので重要な部品でもあります。 1551797359572.jpg マフラーの切り替えリモコンもつけさせて頂きました。ご利用ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

ランチア イプシロンが

先週の土曜日は、工場の中にランチアイプシロンが3台も!!

 
 
20190302
 
 
3台共、2012年式です。FIAT500と同じTwinAirです。しかもパールホワイト!!手前のだけサンルーフが付いています。 
 
元々、ランチアの入庫は多いですが、この年式のイプシロンが集まるのは珍しいです。と言っても、奥のはクライスラー版なんですが。ATで右ハンドルを探すとそうなってしまいます。 
 
2019030202
 
 
マイナーな車ですが、こんな風にエアクリボックスを変えたりして楽しんでいます。今日のメインの作業はマニュアルのシフトノブ交換でしたが、追加でBMCのエアクリボックスも交換させて頂きました。
 
私も足に使っていますが凄く使い勝手がよく、良い車です。クライスラー版だったら、50万ぐうらいから店頭で売っていると言うねらい目の車です。
 
いつもご利用ありがとうございます。
オーナーさんいわく変えたらトルクが出て乗りやすくなったそうです。

| | コメント (1)

2019年1月29日 (火)

相変わらず147も

最近アルファロメオ156や147も15年
以上生産されてからたったせいもあり街中で見かける機会も少なくなってきましたが当工場ではまだまだ現役です。
1548749312202.jpg


数が少なくなった原因の一つにセレスピードの不調が有ります。
写真の車と違う個体ですが、セレスピードの修理させて頂きました。
基本は油圧低下ですね。

1548749313904.jpg

油圧ポンプは1年前に交換済みという事なので、今回はアキュムレーターと内部のオーリングを交換しました。


1548749314870.jpg



交換後組み付けますが、クラッチロッドの調整や、テスターでの設定が重要となっています。

試運転後、問題無く運転出来ましたので納車となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧