2019年3月11日 (月)

ステルビオもリモコンで

アルファロメオステルビオ クアドリフォリオ

 
Stelvio03  
 
こちらも、当店のマフラー切り替えリモコンを付けさせて頂きました。
 
ちょっと前に連絡があり、先週納車されたばかりのお車です。
 
Stelvio04
 
 
システムとしてはジュリアと同じなので、付けられるとは思っていたのですが、ユニットの取り付け位置、電源の取り方。ベストな方法を探りながらの取り付けでしたが、2時間位の作業時間で取り付けで来ました。
 
音は、殆どジュリアと同じ感じです。 
 
ご来店ありがとうございました。

| | コメント (0)

2018年10月 2日 (火)

ケイマンも

GTVからケイマンにお乗換えのお客様のモディファイをやりました。 

 
 
 
Cayman03
 
 
ドイツ車で赤は珍しいですよね。 
 
サーキット走行がお好きな方なので、サスペンションの交換とブレーキの交換をやりました。 
 
Cayman01
 
 
サスペンションは色々悩みましたが、結局スピリットと言うオーダーメイドが得意な製品にしました。普通の正立、スチールケースです。
 
ケイマンは4輪ともストラットです。なのでアライメント変化もあり、1G(着地したとき)の調整が重要です。他のメーカーでは倒立式やアルミケースなどの魅力的なスペックもあります。ただ、スペック重視で車高やアライメント調整の幅が少なかったり、アルミケースで耐久性が無かったり色々良し悪しがあります。今回、スピリットの足廻りは無難で車高の調整幅も多く色色な調整が試せます。サーキットベースなので14、16KGと言うハードなスプリングをチョイスしたのに乗り心地も悪くなくサスが動いているのがわかりやすいショックです。お客様の好みもありスプリングはお決まりのハイパコ。何度も使っていますが性能が安定してます。 
 
フロントブレーキローターはPFCさん。リアローターはDIXCELさん。前後ブレーキパッドはPFCのレース用。それにブレーキホースも交換してばっちりです。 
 
 
Cayman02   
 
 
すでにステアリングホイールやGTウイングは装着済みです。
次回入庫時にシート交換と4点式シートベルト装着です。
FF駆動からミッドシップ。お客様は不安に思っていますが、止まる曲がるの性能を上げ、リスクを少なくしていますので、良いフィーリングで走れると思います。

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

1400のイプシロンも

昨日と同じ内容ですいません。 

 
以前、2006年のイプシロンもエアーボックスを付けました。1400CCのエンジンです。 
 
Aiebox04
 
 
エアーボックス自体は工場に転がっていた、中古品なのでちょっと汚れていますが、、、、。 
 
実はこの車、チューニンングする為に付けたのではありません。以前から3気筒になってしまい、原因を探求するとIGコイルが壊れていました。火が飛ぶとか飛ばないとかで無く、折れてしまいました。すいませんコイルの写真撮り忘れました。 
 
実は元々、純正のエアークリナーボックスが良くなく取り付け部が折れます。
 
そのままにしておくとエアークリナーケースが下がってコイルに乗っかりコイルを壊します。 
 
外した、エアークリーナーケースです。 
 
Airbox05
 
見事に割れていますよね。これではえあーくりーなーも通さずダイレクトに吸気が入ってしまいます。また、破片がエンジンに吸い込まれていたかもしれません。
 
 
純正のエアークリーナーケースをつけても又同じ事が起こる可能性もあります。で、値段的にも同じくらいでモディファイできます。
 
こんな修理の仕方もあります。

| | コメント (0)

2018年9月 1日 (土)

TwinAir用エアーボックス

FIATやランチアのTwinAirエンジン。意外と元気に走りますが、モディファイやチューニングをしようとすると中々パーツがありません。マフラーもエンドは元々、ストレートなので、センターを含めた物しかありません。

 
エアークリーナーを変えようかなと考えた時、純正形状の物はありますが、エアーボックスを付けようとするとありません。
 
今回、ちょっとアバルト用を流用して作ってみました。
 
 
Airbox01
 
 
車は、イプシロンですが、FIAT系も取り付けは出来ると思います。
 
 
Airbox02
 
 
BMCのオーバルタイプのエアーボックスです。エンジンが2気筒で小さいので隠れてしまっていますね。 
 
Airbox03
 
 
部品の販売と言うより、取り付け込みで考えています。現在エアーボックスの入手が遅れていて2台分しかありません。
 
工賃込みで48600円(税別45000円)で販売取り付けをやります。
 
興味がある方はご連絡ください。
 

| | コメント (0)

2018年4月19日 (木)

サブコンやらスロコン

FIAT500にサブコンやらスロットルコントローラーを付けました。1台はTwinair、もう一台は1200.

 
FIAT500も発売から年月がたち、そろそろ飽きてくる頃ですよね。そんな時ワンポイントでお車の変更をしてみませんか?
 
Twing_air
 
画像を撮り忘れました。
サブコン取り付けです。ターボエンジンなのでブーストの変化が感じられます。ノーマルでは、さすがに900ccなので低速トルクが不足して3500回転位から加圧を感じられますが、取り付け後、3000回転ちょっと前から感じられ、乗りやすくなりました。
サブコンと言うと何かパワーアップの部品に思えますが、実際はターボ車では下の回転jからブースとが効き乗り易くなります。アクセルレスポンスも良くなりお勧めのパーツです。
 
 
Prdal02
 
 
500の1200モデルの初期型です。
こちらはターボ車出は無いのでサブコンではなく、スロットルコントローラーの取り付けでした。特に1200はスイッチによりモードが無いので、走行モードが変わるスロットルコントローラーはお勧めできます。
 
 
Pedal01
 
 
調整式のモデルを付けました。 
 
実際にはあまり使わないであろうもっと鈍くして燃費重視の設定も出来ます。 
 
 
こんな感じで、ワンポイント何かを足してみるのは楽しいものですね。

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

156シフトベース交換

アルファロメオ156GTAのお客様が、以前からシフトフィーリングが悪いと言うことで、部品交換をさせて頂きました。

それは、大阪のアルファロメを中心のショップユニコルセさんの製作した、アルミシフトベースです。
 
以前にも交換したことがあるので、作業は比較的スムーズにと言いたい所ですが、いつやってもめんどくさいです。
 
Sift04
 
 
マフラーFパイプを外しセンタートンネルのカバーを外し交換するわけですが、スペースが無い。
 
 
Sift02
 
 
もう外れている画像ですいません。 
 
 
Sift01
 
 
上がノーマルのシフトベースです。プラスチック製です。 
 
Sift03
 
 
で、こうなります。
 
以前は、このプラスチックの部品が割れたりして純正部品で交換していましたが、強度的にも耐久性的にもアルミ製の方が良いですよね。
 
元々、ワイヤー式のシフトなんで、どうしても遊びみたいなものがでてしまうので、少しでも遊びを少なくするには、お勧めのアイテムです。
 
アルファの147,156、GTVのV6にお乗りの方にはお勧めのアイテムです。 

| | コメント (0)

2014年2月24日 (月)

パドルシフト

アルファロメオの147GTAセレスピードに、国産のパドルシフトを取り付けました。

ノーマルのステアリングのレバーにアダプターを足す物はよくつけている方はいますが、専用部品を使うことによってより確実に、スピーディーにシフト出来る様になりました。
 
 
 
Padol02
 
 
カッコ良いですよね。シフトフィーリングが良いのでついつい余計なシフトをしてしまいます。
実は安請け合いしてしまって、ポン付け出来ると思っていましたが、そうはいかず、カーボン抵抗を買ってきて配線作り治しました。
 
横からみるとこんな感じです。
 
 
 
Padol01
 
 
ノーマルステアリングからステアリング自体もスポーティーになったのでサーキットでも、確実なステアリングさばきも出来ます。
 
セレスピードにお乗りのお方、どうでしょう?

| | コメント (1)

2013年12月12日 (木)

ディーゼル車用サブコン

昨日のブログにも書きましたが、MARELLIのサブコンディーゼル用も扱い始めました。

 
実は、このサブコンこちらの方が先にできていて対応車種もイタリア車だけでなく、フランス車、ドイツ車などにも対応しています。ただし、今のところ、ハーネスの関係でイタリア車だけです。イプシロン、テーシス、NEWデルタ、アルファ166、シトロエンネモ、FIATクーボなどなど。ディーゼル車のturboにお乗りの方、どうでしょう??効果抜群です。15~25馬力位アップします。
 
 
Mare01_2
写真は使いまわしのガソリン用ですが、箱とリモコンは同じです。
 
イタリア車や、フランス車のディーゼル車は並行輸入車となってしまいますが、それを選ぶ個性的な方にお勧めです。低速トルクが増え、もたつき感が低減され乗りやすくもなります。
本日はカーボックス横浜さんの協力の元、シトロエン ネモに取り付けました。
Nemo01
 
Nemo02_2
カーボックスさんが独自で輸入した、珍しいお車ですが、エンジンはFIAT製です。FIATのQUBOのOEM車です。1300CCのディーゼルターボです。
エンジンルームはこんな感じです。
Nemo03
 
早速、取り付けです。
 
 
Nemo04
Nemo05
 
 
本体はバッテリーの後ろに取り付け。
リモコンは室内から届きますので走行中の切り替えもできます。
正直、もう少し排気量があればと思いますが、サブコンをつけたことによってかなり乗りやすくなりました。
今後の展開で、シトロエンのピカソや、C6なども揃え、その後BMWのディーゼル車にも対応したハーネスを揃えようと思っています。
シトロエンやBMWのディーゼル車で、レスポンスや、パワーに満足のいかない方は連絡ください。順次ハーネスを揃えていきます。
イタリア車のディーゼルターボにお乗りの方、数個在庫があります。早めの連絡を!!!!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

好評発売中

MARELLI製のサブコンですが、好評なので、再度取り寄せました。

以前の記事
 
 
Mare01
 
アルファロメオ、フィアット、ランチアの1400ターボ 1750ターボ、900ツインエアーターボ用です。
勿論、馬力も上がりますが、このサブコンのセッティングの良いところは、ターボの効く回転数が500回転位下がります。それによって低速トルクも増え、乗りやすくなります。
Marelli01
 
 
Marelli02
 
 
価格は、為替の影響で次回入庫から値上げになるかもしれませんが、今回入荷分も126000円で取り付けまでやります。
興味のある方は、TES-factory(☆を@に変えて送信してください。)まで、連絡ください。
ディーゼル用も取り扱い始めました。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年10月14日 (月)

イタリア車Turbo車用サブコン輸入

以前、このブログで紹介した、サブコンですが、出来が良かったので、数台分ですが輸入しました。

Mare01
対応車種
アルファロメオ
MITO 1.4 135PS→159PS
MITO QV 170PS→201PS
GILLIETTA 1.4 170PS→201PS
GILLIETTA 1,75 235PS→277PS
FIAT
500ABARTH
種類が多いのですが色々対応しています。
135PS→159PS からの160PS→189PS
グラプンアバルト
163PS→192PS
500TwinAir
85PS→100PS
New delta
150PS→177PS
一応、レース用部品ですが過激なセッティングではないので、街中で使えます。
しかも2モードプラスノーマルモード戻しが、手元のリモコンで出来ます。
取り付け費込みで126000円の価格とします。但し、今後の為替次第で値段は上がる可能性もあります。
単なるブーストアップのキットではなく、燃調も調整してあります。しかも、イタリア最大の電装メーカー製です。カプラーも純正と同じものを使っていて信頼性があります。
回転を上げなくても低速から効きが良く乗り易くなります。またレスポンスがよくなりターボラグも少なくなります。
購入希望者はTES-factoryまで連絡ください。

| | コメント (0)